このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

AR~拡張現実~人間の“現実感”を高めるテクノロジー第3回

変化を続け、成長するモバイルAR

2010年04月14日 18時00分更新

文● 丸子かおり ●撮影/笹川達弥、小林伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

携帯業界の花道を行くモバイルAR!

 2009年、ARの認知度は一気に高まった。現在は、特にiPhoneを中心としたモバイルARが活性化しているのはご存知のとおり。スマートフォンを初めとするモバイル機器の性能の向上が、モバイルでARを実現させたといえるのではないだろうか? 今のモバイル業界のARにおける盛況ぶり、成熟ぶりが加速していると感じる。

もう、iPhoneで「セカイカメラ」を初めとするARアプリはおなじみになっている

 しかし、ARアプリは競争が厳しいのも事実。そんな状況の中、キャリアやモバイルコンテンツ系の会社は、それぞれで積み上げた技術やアイディアで様々なARアプリを作って世に送り出したり、実証試験を行なっている。今回は携帯におけるARの導入に関して積極的かつ先鋭的な企業の代表として、2社に取材してきた。

 かたや先進的な試みを続けるKDDI。そしてもうひとつはAndroid携帯でARコンテンツを作ろうとしているフューチャースコープ。はたして、この2社はどんなビジョンを持って開発をしているのだろうか?

iPhoneのARアプリが盛況な一方、Android携帯においても、アプリが登場している。後ほどくわしく紹介しよう

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン