このページの本文へ

タンブラー型のユニークなスピーカーも

ウォークマン用のドックコンポ&スピーカーが登場

2010年04月08日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーから、ウォークマン用のドックコンポと2種類のドックスピーカーが発売される。今回の製品はただウォークマンと接続できるというだけに留まらず、同社らしいユニークかつ高機能なものとなっている。


インターネットラジオが楽しめるドックコンポ

「NAS-V7M」 「NAS-V7M」。写真のゴールド以外にシルバーカラーもある

 「NAS-V7M」は、CDプレーヤーとFM/AMラジオチューナー内蔵のドックコンポ。フルレンジ65mmのスピーカーを内蔵し、最大出力は15W。デジタルアンプと32bitのDSPを搭載するなど、音質にもこだわっている。

 WM-PORTとUSB端子を搭載し、ウォークマンを直接ドッキングすることができる。ウォークマンの充電や音楽CD、ラジオのダイレクト録音が可能だ。

 NAS-V7Mは無線LAN(IEEE 802.11b/g)を内蔵しており、音楽CDの楽曲をウォークマンに録音する際、楽曲の情報を取得してタイトル付きで保存できる(ちなみに、本体に約34万のアルバムタイトルデータベースを収納しているため、ネット接続をしなくてもある程度の楽曲はタイトルが付く)。

本体背面が緩やかにへこんだネジリ形状により剛性を高めている 本体上部。CDドライブはスロット式
本体背面が緩やかにへこんだネジリ形状により剛性を高めている本体上部。CDドライブはスロット式
本体背面のカバーを外したところにEthernet端子やラジオ用Fコネクターなどがある 本体背面のカバーを外したところにEthernet端子やラジオ用Fコネクターなどがある

 また、インターネットラジオの再生機能も搭載しており、「vTuner」や「SHOUTcast」で配信されている番組を聴くことができる。DLNAクライアント機能も搭載しているので、パソコンに保存されている音楽をNAS-V7Mで聴くことも可能だ。

 そのほか、本体に16GBのメモリーを内蔵しており、音楽CDの楽曲などを保存することもできる。内蔵メモリーからウォークマンへは40倍速で転送が可能で、録り貯めた楽曲をワンボタンで簡単に転送できる。

 発売日は6月の予定で予想実売価格は5万円前後。なお、内蔵メモリーを搭載しない「NAS-V5」も同時期に発売される。予想実売価格は4万円前後。


ドリンクフォルダーに差せるタンブラー型ドックスピーカー

「RDP-NWV500」と付属のホームステーション(土台) 「RDP-NWV500」と付属のホームステーション(土台)

 「RDP-NWV500」は、タンブラー型をしたユニークなドックスピーカー。本体上部の開口部にツイーターやデフューザー、ウーファーを内蔵し、周囲全方向(360度)に音を拡散させる。またデジタルアンプを内蔵し、本体側面に開いたバスレフポートにより優れた重低音を実現する。

 ウォークマンとの接続は、RDP-NWV500とウォークマンを装着できる付属のクレードル(ホームステーション)かケーブルで行なう。自宅などで使うときはホームステーションに置き、車などに搭載する場合はRDP-NWV500をドリンクフォルダーに入れてウォークマンはケーブルで接続する、といった使い方ができる。

バスレフポート 写真下方の穴がバスレフポート

 なお、RDP-NWV500自体にはバッテリーが内蔵されていないため、利用するには電源が必要となる。家で使用する際のACケーブルが付属するほか、車のシガーソケット用の電源ケーブルも付属する。

 本体カラーはブラックとオレンジの2種類。発売日は4月24日の予定で、予想実売価格は2万円前後となる。


目覚まし&ラジオになるドックスピーカー

「RDP-NW1」 「RDP-NW1」

 「RDP-NW1」は、目覚まし時計とFM/AMラジオチューナーを搭載したドックスピーカー。目覚まし機能はウォークマンの楽曲、ラジオ、ブザーの3パターンから選べ、さらに10分おきに動作するスヌーズ機能も搭載する。

 本体前面にウォークマンを直接接続できるWM-PORTを搭載し、ウォークマンの充電も可能。本体背面には音声入力端子も搭載しており、パソコンなどの外付けスピーカーとしても利用できる。フルレンジ50mmのスピーカーを内蔵し、最大出力は6Wとなっている。

 本体カラーはブラックとホワイトの2色を用意。発売日は4月24日で、予想実売価格は1万3000円前後となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン