このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile 第45回

デザインだけじゃない! 意外に骨太なEee PC 1008KR

2010年04月08日 12時00分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年末あたりから「ネットブックの退潮」がささやかれている。確かにCULVノートの登場やスレート型端末の方が話題に上りやすいし、ネットブックというジャンルが話題に上ることも少なくなった印象がある。ASUSTeKの「Eee PC 1008KR」(以下1008KR)は、そんな中に登場したネットブック。いかにも「デザイン重視」な外観だが、使って見ると意外や意外……な操作感だった。

Eee PC 1008KR(ブラウン)

Eee PC 1008KR(マットコーヒーブラウン)


デザインだけでなく操作性も良好!

 写真でおわかりのように、1008KRは特殊な外観をしている。サイズ感そのものは、一般的なネットブックと大差ない。しかし、ラメ入り光沢の多い昨今のノートからは一線を画し、凹凸を生かしたテクスチャー感のあるボディは、一見してほか製品との違いを感じさせる。

 今回試用した「マットコーヒーブラウン」モデルの場合、メタリックではあるがマットな仕上げで、感触もとてもいい。テクスチャー感や色合いは、このモデルでもちょっと好みが分かれそうではあるが、完成度は高い。

ボディーには波打つようなテクスチャー感の強いデザインを採用

ボディーには波打つようなテクスチャー感の強いデザインを採用している。美観だけでなく、滑りにくく、指紋が目立ちにくいのもプラス。ただし、溝に入った埃などは取りにくい

本体背面

本体背面。電源やバッテリー充電中のLEDは、ここから見える。他方、端子類は一切ない

本体前面

本体前面。ここにもコネクターなどはなく、エッジの薄さを強調するようなカーブを描いたデザインになっている

 1008KRのデザインを担当したのは、工業デザイナーのカリム・ラシッド氏。「1008KR」の「KR」は、もちろん彼のイニシャルだ。家電や車など「パソコン好き」な人と親和性が高いジャンルではあまり耳にしないが、家具や文具、ファッションの世界では多くの実績を持つ。作品の多くはビビッドな印象の強いものなのだが、そちらは女性向けとされている「グロッシーホットピンク」の方で表現されている。

 ネットブックは価格重視の過当競争市場であり、デザインをポイントにするのはわかりやすい戦略である。だが、1008KRを使ってみて感じたのは、「小手先感」がなく、しっかりデザインされているという印象だ。これはなかなかできるものではない。正直ここまでやったのであれば、OSやCPUなどのブランドシールも隠してほしかったところではある。購入者には可能な限り剥がしてもらいたいくらいだ(底面のOS証書などは、種々の理由からお勧めしかねるが…)。

底面とバッテリー

底面とバッテリー。証書シールがせっかくの美観をスポイルしている。バッテリーは薄型のリチウムイオンで、引き抜いて交換できる構造だ

 パソコンはどうしても、端子類がむき出しになりやすい。特に低価格を宿命づけられたネットブックでは、なおさらである。1008KRでは、端子類を樹脂製のカバーで覆っており、表にはほとんど見えない。カバーは取り外し式ではなく、本体にしっかりくっついているのでなくならない。

 バッテリーのカバーも、しっかりとした機構のものが使われている。バッテリーの取り外しも、ノートパソコンとしては意外なほど楽だ。この仕組みにはちょっと理由があるが、そこはあえて後述としておこう。

本体左側面

本体左側面。左より、電源コネクター、外付けディスプレー端子アダプター、USB、SDメモリーカードスロット。電源ケーブルの接続コネクターは、極端に細い特殊なコネクターになっている

本体右側面

本体右側面。左より、USB、マイク、ヘッドホン、有線LAN。樹脂製のフタできれいに隠れるようになっている

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン