このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

都庁前iPhoneクラブ第28回

横浜・関内にiPhone修理のマイスターを見たっ!

2010年04月08日 16時00分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

わずか15分でバッテリーが新品に!

 カリーさんはiPhone 3GSがメインだが、現役を引退した3Gもベッド脇に置いて、アラーム兼ごろ寝ネットの用途で使っている。しかしこの頃、iPhone 3Gのバッテリーがかなり持たなくなってきた……。保証は切れてるし、先のことは考えない性格なので、1年の保証が切れる前にApple Protection Planにも入らなかった。

 純正サービスで変えると9800円だしなぁ……と悩んでいたところ、iPhone-factoryならおよそ半額の4800円(3GSでは5300円)じゃん!ということで修理してもらってみたのだ。

今回はスタッフの藤澤さんが修理してくれました。手に持ってるのは背面をゴールドにカスタマイズしたiPhone
この修理がホントに速い! 世間話をしているうちにパカっとiPhoneが開かれて、基板を外して……
撮影しながらでも、およそ15分ほどでバッテリーまで到達していた。もはや長さが異なるネジの位置まで覚えているとのこと。iPhone修理のマイスターだ!!
新しいバッテリーを装着して、逆の手順で戻して完了。もちろんきちんと起動しました

 本当は壊さないのが一番なのだが、手に持ったり置いたりする回数が極端に多いケータイ電話だからこそ、ほかの機器よりも危険にさらされる可能性も高い。破損してしまったり、バッテリーの持ちが悪くなったらこうしたショップを選んでみる手もアリではないだろうか。


オマケ:愛がないフォーン

「面白いものがあるんですよ」と藤澤さんが見せてくれたのがコレ。一見、iPhoneだが……背面を見ると、あ! 「i」がない! Phoneって何だ(笑)
ホームボタンがなんかへこむし、厚さもなんか違う。ちなみに中国で買ってきたらしい
そしてカリーさんが(勝手に)発見したのは、80年代風ラジカセのiPodスピーカー「LASONIC iPodBox i931」。このショップ、iPhone/iPodファンにとってはレアアイテムがざくざく出てきて楽しい(笑)
まぁ当然、肩に乗せますよね。ヒップホップをBGMに流して西海岸を歩きたいです

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中