このページの本文へ

ユナイテッドアローズ、3月売上高6.4%増…通販は66%増

2010年04月06日 09時36分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
 ユナイテッドアローズが4月2日に発表した3月の月次売上概況によると、全社売上高は前期比6.4%増、小売+通販既存店売上高は同4.1%増となった。  また全社売上高の内わけを見ると、通販全店合計売上高は同66.0%増と大幅に増加した。  小売の概況は、春物商材が堅調に推移し、全体の売り上げをけん引。なお、3月は前年同月と比較して日曜日が1日少なく、これを考慮しない実質的な小売既存店売上高は、同3.5%増と推測される。  品目別には、メンズではトレンチコート、鹿の子素材のジャケット、カット素材の羽織、ナイロンやレザー素材のバッグ、チャッカーブーツなどが、ウィメンズでは、トレンチコート、レザーのブルゾン、ワンピース、シャツ、サルエルパンツ、パンプスなどが好調に推移した。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く