このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

行った、買った、使った!! 米国・iPad発売を総力レポート

2010年04月04日 13時00分更新

文● 松村太郎・山脇智志(Appetizer Japan)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPadの感触は「スムーズすぎる大画面」

 お次ぎはiPadファーストインプレッションです。現地で購入して、実機に触ってみた山脇さんのコメントは以下の通りです。


持ってみた感触

 表面がガラスとタッチスクリーンというiPhoneと同じ構成、質感なのに、iPhoneがちゃちに見える。やはりiPhoneは小さかったんですよ、画面が。iPad自体は予想以上に重たいです。アマゾンのKindle、ソニーの「Reader Daily Edition」に比べると、ずっしりとした印象を持ちます。

 ボディーの質感はMacBook Proと同じ。画面側の面は指紋が結構付きます。iPadは大きいため、拭き取るのも結構手間。外に持ち出して頻繁に使用する使い方をしたい人にとっては、光沢ではない、ざらついたフィルムをつけていったほうがいいのかもしれません。

13インチMacBook ProとiPhoneと大きさ比較


iPhoneとの違い

スタンドで立てて使えます

 iPhoneのようにスライドさせて画面ロックを解除する仕組みがあります。さらにロック解除の右に花のマークがあって、このボタンを押すとフォトスタンドとして使えます。つまりロック解除をしなくても、iPad内の写真を使ったスライドショーが流れ始めます。

 iPhoneは使っていないときにポケットの中に収まっている存在ですが、iPadは部屋のどこかに立てかけておくという使い方も想定しているそうです。つまり、iPad向けドックは、1つ手に入れておいたほうがいいかも知れません。


とにかくスムーズ!

Safariでニューヨークタイムスを表示してみた

 iPadを使い始めて思うことは、とにかくスムーズだということ。画面遷移も流れるように展開していき、iPhoneと同じようなタッチインターフェイスながら、画面の大きさとiPhone以上にスムーズに動く印象は、別のモノに触れているような印象すら覚えます。

 例えばiTunes Storeの見せ方は、1つ1つの動作がすべてアニメーションで構成されています。iPhoneやMacのiTunes Storeとはまったく違う体験が待っています。

 またMapの反応の早さにはびっくりさせられます。ときどきiPhoneでも、両指を使って拡大/縮小させるピンチ動作に地図が追いつかないこともありました。しかし画面が大きくなって、さらに追随性も高まっているため、よりスムーズな印象を受けるはずです。

iTunes Store


iBooks、YouTube

 日本語の書籍のラインアップはないものの、日本語ローカライズは終わっているようです。本棚の画面にはサンプルや新着の書籍の右肩に斜めに帯が掛かるのですが、そのテキストが「サンプル」や「新着」と日本語で表示されます。ちなみに、サンプルの本は「くまのプーさん」。

iBooks

iPadで電子書籍を見てみた



 インターフェイスとして気に入ったのはYouTube。縦画面、横画面に対応しているほか、動画を見ながら動画の説明やコメントを見ていくことができる画面構成はウェブのYouTube以上の体験です。

YouTubeでは横長に構えたときに関連動画が右にずらっと出てくるのも使いやすい

 最後にもう2つ。

  • やはりiPhoneでは小さかったが、iPadなら老眼でも文字が読みやすい!
  • NewsweekのiPad特集の表紙に実物のiPadを合わせてみたら、ぴたり。表紙のiPadは実寸大でした。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中