このページの本文へ

無線LAN/BlueTooth/DDR3対応のIONマザーがASUSTeKから!

2010年04月02日 23時01分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから「Atom 330」を採用するMini-ITX対応のIONマザーボード「AT3IONT-I DELUXE」が発売された。機能満載のハイエンドモデルに仕上がっている。

「AT3IONT-I DELUXE」
ASUSTeKから「Atom 330」を採用するMini-ITX対応のIONマザーボード「AT3IONT-I DELUXE」が発売。大きなヒートシンクを備えたファンレス仕様で、機能が満載のハイエンドモデルとなる

 「AT3IONT-I DELUXE」はCPUにデュアルコアの「Atom 330」を搭載するIONプラットフォームのMini-ITX対応マザー。メモリスロットに2本のDDR3 DIMM(DDR3-1066/800、4GBまで)を備えるほか、IEEE 802.11b/g/n対応の無線LAN、BlueToothモジュールも備えている。
 その他、主なスペックは拡張スロットにPCI Express x16×1を搭載。オンボードインターフェイスとして6chサウンドやギガビットイーサネット、Serial ATA×4などを備えるほか、I/O部の出力インターフェイスにはVGA/HDMIを搭載する。なお、電源は付属のACアダプタ(90W)を利用する仕組み。加えてマルチメディア機能「ASUS Home Theater Gate」が利用可能なリモコンとレシーバーも同梱されている。価格はパソコンハウス東映で2万3280円となっている。

I/O部
I/O部の出力インターフェイスにはVGA/HDMIを搭載。ほかにIEEE 802.11b/g/n対応の無線LAN、BlueToothモジュールも備えている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中