このページの本文へ

物欲AVコモノ道第46回

「torne」の醍醐味! PSP連携を試す

2010年03月29日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PSPに合わせてチューンされた番組表機能

PSPで番組表を24時間表示したところ。放送時間が短い番組は、番組名が表示されない PSPで番組表を24時間表示したところ。放送時間が短い番組は、番組名が表示されない

 PSPの解像度で気になるのは番組表の表示だ。torneのEPG番組表は24時間表示が可能なことがメリットの1つだが、リモートプレイでも同様に24時間表示は可能。ただ30分など放送時間が短い番組は枠だけの表示で、かなりの番組が端折られている。

 オリジナルのPS3の24時間表示では、30分番組でも番組名が表示されているので、このあたりはリモートプレイ用に最適化されているのだろう。なお、カーソルを合わせれば番組名の一部は表示される。

3時間表示にするとかなり実用的になる 3時間表示にするとかなり実用的なサイズになる

 実用的になるのは、1段階拡大した5時間×7ch表示あたりから。文字自体は小さいが、各番組の名前、あるいは枠の大きさによっては詳細情報も見ることができる。さらに拡大して3時間×5ch表示であれば、番組名もかなり見やすくなる。

 カーソルの移動はやはり速く、上下のスクロールも素早い。PS3で操作しているときのようななめらかさこそないものの、当日の番組表を見ている最中に、翌日のゴールデンタイムまでスクロールさせるといった操作をしてもストレスはない。番組にカーソルを乗せて○ボタンを押せば、番組録画のダイアログが出るのもPS3での操作と同様だ。

意外だったのは、リモートプレイ経由でもウェブブラウザーが使える点。PSPの解像度に合わせて表示されるため、しっかりサイトを閲覧できる 意外だったのは、リモートプレイ経由でもウェブブラウザーが使える点。PSPの解像度に合わせて表示されるため、しっかりサイトを閲覧できる

 ちなみに、torneの特徴的な機能の1つである、テレビを見ながらウェブサイトを閲覧する「見ながらネット」も、リモートプレイ経由で使えることに驚いてしまった。PSPの液晶ディスプレーの解像度では厳しいだろうと考えていたのだが、実際に利用するとPSPに合わせて文字サイズが調整されており、テレビとウェブサイトのどちらもしっかり見られる。このあたりの作り込みの細やかさを見ると、PSPとの連携に重点が置かれていることが分かる。

 また、リモートプレイを使えば、放送中の番組をPSPで見られるほか、録画済みの番組を好きな場所でじっくり視聴できるのもメリット。

録画した番組を再生しているところ。シーンサーチも利用できる 録画した番組を再生しているところ。シーンサーチも利用できる

 この録画済み番組の再生も、基本的にはPS3上で操作するのと違いはない。メインメニューから「VIDEO」を選択し、見たい番組を選択して○ボタンを押せば再生が開始される。十字キーの左右で1.5~120倍の早送りと巻戻し、L1とR1でフラッシュ戻し/送りが可能。シーンサーチにも対応している。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン