このページの本文へ

週末は「東京国際アニメフェア」で遊べ!

2010年03月26日 21時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プロダクション リード

 名前はカタカナになったが、要は「葦プロ」(笑)。懐かしいミンキーモモの映像を見るだけでなく、レアな物販もあるので少年の心を持ったご高齢アニメファンは集まれ!

ミンキーモモの懐かしさに親父が涙する!

メディアファクトリー

 4月からオンエアされる「いちばんうしろの大魔王」の情報はココで入手だ! 「バカテス」のチラシもかなり面白いぞ!

日本家屋を模したメディアファクトリーブース

アニマ/カミカゼドウガ

 今回は大きなブースに絞って紹介してきたが、ココは見落とせない! というのが「カミカゼドウガ」。擬音の入った痛車はすでにあったが、ここまで熱く燃え燃えな痛車は初めてだ! っつーか、ここまで来るとアートだなぁ。

制作スタジオのブースながら、会場で最高に目立ってます!

クリエイターズ ワールド

 京都で開催されたCGアニメコンテストにも出場していた映像作品も受賞していた。今までに見たことのない意欲的な映像作品が見られるので、自分の芸術性を磨けるかも?

新人クリエイターの斬新なセンスとテクニックが見られる

特別企画展

 今回の特別企画展は、「クレヨンしんちゃん」と「ちびまる子」の20周年記念としてその歩みを紹介。またご当地のゆるキャラ紹介に加え、ガンダムのプラモデル(通称、ガンプラ)の30年の歴史を振り返った展示を行なっている。

展示が中心だが、見ていて楽しい企画展。ガンプラマニアは見学必須!

アニメ・チャリティ オークション

 パブリックデーのみに入札可能なオークション。入札時間は27、28日の10時~18時となっている。マジで超レアアイテムがズラリと並んでいるので、見ているだけでも楽しい。っつーか欲しくなるから、目の毒なのか?

マニア垂涎のアイテムがズラリと展示。喉から手が10本ぐらい出そう……

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ