このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第20回

バンドブームの申し子・すんzりヴぇrPが見たニコニコ動画

2010年03月27日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「興味ねえよ」「いつまでやってんだよ」

―― 身近な人たちの反応は?

すんz 付き合いのあったバンドの人たちから「オタクに媚び売ってんじゃないよ」っていうニュアンスを感じるんです。それ、やっぱりくやしいからだと思うんですよ。それ見てざまあみろと思ったり。ロックなんてやってると、やっぱりダメじゃないか君たち、なんてね。

―― ライブハウスでロックの人であったキャプミラさんは「すんzさんを見てボーカロイドを使うようになった」と言っていますが。

すんz 丹治くんから熱いメッセージがmixiで飛んできたんです。「先輩、始めます! 今メールを送っておかないといけないと思いました!」みたいな感じでね。ぼくがやっているのを知っていて、挨拶もなくやるのはイカンと思ったのかも知れないんですけど。

「熱いメッセージがmixiで飛んできたんですよ」

―― 仁義を切りにきたわけだ。同じショバでやるよと。

すんz まあ、そうかも知れませんね。

―― それ以前はどういう関係だったんですか?

すんz ぼくがCDを出していたレーベルのデザインを、丹治くんがやってたんですよ。京都のアーティストでインターネットをしているのがぼくしかいなかったんで「ここのレイアウトこうしてください」という業務連絡をやっていました。

―― そのレーベルの「UK. Project」って、キャプミラさんのアポジーズ時代のレーベルですよね。

すんz あ、そうですね。ボ・ガンボスのマネージャーが、UK内でOooit Recordsというレーベルをやっていて、ぼくのアルバムはそこから出ていたんです。ぼくはそのレーベルのアーティストである双葉双一くんのために、ライブで使う映像とリミックスを作ったんです。それを丹治くんがライブで見たらしくて。

Oooit Records : 「ウーイットレコーズ」。パラダイス・ガラージ、BO GUMBOSに並んでsunzriverの名前がある

双葉双一 : 拾得出身のシンガーソングライター。CDデビューのきっかけはすんzさんの推薦らしい。アルバムは「双葉双一に気をつけて」「手に捧げる歌」など

「ははのきまぐれ」なども所属するOooit Records

―― おお、なるほど。

すんz 「そう言えばsunzriverって、いま何してるのかな」って検索して、見つけたらしいんです。曲を聴いて鼻で笑うんじゃなくて、突っ込んできたのは、ロックの世界では彼くらいなんですよ。

―― しかし、そんなに鼻で笑われたんですか?

すんz 「興味ねえよ」とか「いつまでやってんだよ」みたいに言ってくるんです。ボーカロイドを使っている自分が仮の姿みたいに思われているのが、ちょっとくやしかったりしますね。ぼくは別に分けて考えていないのに。

―― とはいえボーカロイドと自分の肉声では違うでしょ?

すんz ちょっとはみ出したいと思ったら、自分で歌った方がいいかなとか、その程度のものですね。ボーカロイドは、最初のうちはポップの練習かなと思ってました。みんな同じ声だし。よーいドンで、いかにいい曲を作れるか。それと、ぼくは絵を見て曲を作るんですよ。絵を書いてくれるtomさんという人がいて、それをめがけて曲を作ります。

―― 自分で歌うときは、絵はないですもんね。そこが「すんzりヴぇr」と「sunzriver(act2)」の違いですか。

すんz たとえば、ぼくはマフラーをしないので、(イラストにある)「マフラーをして外に立っている男の子」というのは、自分のイメージにはないんです。結果的には一緒かもしれないですけど、面白い気持ちで作れますね。

オリジナル曲「十二月の窓」

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン