このページの本文へ

Google、検索の間接効果を測定する「AdWords Search Funnels」ベータ版開始

2010年03月24日 11時47分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Googleは2010年3月23日、コンバージョンにつながったアドワーズ広告(検索連動型)のクリックやインプレッションを分析して、キーワードの間接効果を測定可能にする「AdWords Search Funnels」(アドワーズ・サーチ ファンネル)の試験運用を開始した。

一般的に検索キーワードの価値は、直後にコンバージョン(成果)を生んだものに対して評価を行うが、サーチファンネルはそれに間接的に貢献(アシスト)したインプレッションやクリック、キーワードを含めむ、「コンバージョンにつながった一連の広告のクリックやインプレッション」(コンバージョンパス)を分析できるようにするレポート。通常、消費者はコンバージョンに到達するために何度も検索を行い、情報収集や比較検討、評価、最終意志決定をしてコンバージョンに到達している。アドワーズ・サーチファンネルによって消費者の購買行動を明らかにして、広告やキーワードの価値を正しく判断し、キャンペーンの予算配分やクリエイティブを最適化するためのインサイトが得られるようになる。

サーチ ファンネルは、7 つの新しいレポートと 20 以上の新しい指標で構成される。たとえば、コンバージョンに至るまでに発生した広告クリック数やインプレッション数、ユーザが最初に広告を見てからコンバージョンに達成するまでの時間といったレポートが用意されている。また、指標ではキャンペーン、広告グループ、キーワードごとのアシストクリックとアシストインプレッションが表示されるようになり、検索キーワードの価値を適切に評価するための情報が得られる。

サーチファンネルの情報は、ブラウザのCookieを使用して収集され、コンバージョンにつながったすべてのアドワーズ広告(検索連動)のクリックとインプレッションが計測される。対象となるのはコンバージョンの30日前までで、この期間は変更できない。こうした仕様のため、ユーザが複数のPCや端末、ブラウザを使用する場合は同一ユーザとして記録できないため、コンバージョンパスは実態よりも短くレポートされることがある。


AdWords Search Funnels Overview


New Reports: AdWords Search Funnels
http://adwords.blogspot.com/2010/03/new-reports-adwords-search-funnels.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く