このページの本文へ

グーグル、リッチスニペットがmicrodataに対応

2010年03月23日 18時50分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グーグルは2010年3月23日、リッチスニペットの対応フォーマットに microdata を追加した。

リッチスニペット(Rich Snippets)は検索結果に価格やレビューの件数、友人関係、プロフィールなど、情報検索時に有益な情報を表示する機能。2009年5月に発表され、日本でも2009年11月より試験運用を開始した。

リッチスニペットを表示するために、サイト運営者は構造化したデータをウェブページに埋め込む必要がある。この情報埋め込み時の規格として、microformat と RDFa に対応していたが、新たに microdata も対応した。

microdata とはウェブページ内の構造化データを指定するためのマークアップ規格で、HTML5 の仕様書に説明が含まれている。temscope ( 新しいデータを指定する )、itemtype ( データの種類を指定する )、itemprop ( データのプロパティを指定する ) などの HTML 属性を追加するだけで、マークアップが可能。

リッチ スニペットが microdata に対応しました
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2010/03/microdata.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く