このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ガラケーはやっぱりスゴイ! ケータイの機能をとことん調べてみた第10回

ケータイのQWERTYキーはどれが入力しやすい?

2010年03月23日 16時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載の前回記事では(関連記事)、ケータイのテンキーの“大きさ”が入力のしやすさに関係があるのかを見た。ではQWERTYキー(フルキーボード)が搭載されている、ケータイやスマートフォンではどうだろう? 両手入力になるので、さらに影響は大きいのではないか、と思い調べてみた。

QWERTYキー搭載の4台+テンキー搭載1台でテスト!

 今回のテストでは以下のQWERTYキーボード付き端末に加え(ソフトウェアキーを含む)、比較用にテンキー搭載のソフトバンク「940SH」を加えた、計5台を用いている。前回同様にボタンサイズを定規で測るとともに文章の入力テストを行ない、入力速度と誤入力の頻度、さらに「かな」「英字」の切替方法などを見た。文字入力で予測変換を使わないのも前回と同様。そのため現実のシーンではもう少し入力速度は速くなるだろう。

●NTTドコモ「SH-03B」
●NTTドコモ「SC-01B」
●au「biblio」
●ソフトバンク「X02T」
●ソフトバンク「940SH」

SH-03B SH-03B
NTTドコモ「SH-03B」
SC-01B SC-01B
NTTドコモ「SC-01B」
biblio biblio
au「biblio」
X02T X02T
ソフトバンク「X02T」

●テストに使ったテキスト
いつもお世話になっております。
 株式会社Sato Communicationsの佐藤です。
 見積書を送りますのでご確認ください。
 ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン