このページの本文へ

新生活に選ぶこの製品、このサービス 第6回

今や社会人の必須ツール、USB 3.0にも対応

用途に合わせて選ぶ、USBメモリー

2010年03月23日 09時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

重要な情報を記録するならセキュリティーを最重要視

 前述したとおり、最近では安価な製品でもファイルを暗号化して保存するためのアプリケーションが添付されていることが珍しくなくない。ただ、さらにセキュリティーを強化した製品も存在する。

データを全自動で暗号化する仕組みを備えているほか、USBメモリーへのウィルスの感染を防ぐウィルスチェック機能まで備えたバッファローの「RUF2-HSCUW/3」シリーズ

本体中央部に指紋スキャナを備える、バッファローの「RUF2-FHS」シリーズ。自動暗号化機能を備えているので、暗号化せずに保存して情報が漏えいするといった心配がない

 このタイプの製品で目立っているのが、指紋リーダーを搭載している製品だ。これらは事前に登録した指紋と読み取った指紋が異なっていれば、暗号化されたファイルを元に戻すことができないというもので、パスワード方式のものよりセキュリティーを高められる。

アイ・オー・データ機器の「ED-S3/MOT」シリーズは、オプションを利用することによって管理者による一元管理が可能なほか、エムオーテックスの「LanScope Cat」との連係も可能

 アイ・オー・データ機器の「ED-S3/MOT」シリーズのように、ハードウェアによる暗号化処理を行う製品もある。USBメモリー側で暗号化を行うことでPCの負担を軽減し、処理能力の低下を防いでいるわけだ。

指紋スキャナを備えたトランセンドの「JetFlash 220」。256ビットの鍵長によるAESでの暗号化に対応する

鍵長256ビットのAESによる暗号化や、設定したマシンであればパスワード入力が不要な「PASS(Password Authentication Security System)」にも対応した、エレコムの「MF-AU2B」シリーズ

プリンストンの指紋スキャナ付きUSBメモリーである「XiaoCLEF2」。一定時間経過すると、再認証を求められるように設定可能などの機能でセキュリティーを高められる

セキュリティ重視系の製品
製品名 メーカー名 容量 実売価格
RUF2-HSCUW/3シリーズバッファロー2~32GB1万6600円~4万1600円
RUF2-FHSシリーズバッファロー1~8GB1万1600円~3万6400円
ED-S3シリーズアイ・オー・データ機器1~32GB8500円~4万円
JetFlash220トランセンド2~16GB2000円~6000円
MF-AU2Bシリーズエレコム4~32GB2300円~1万8000円
XiaoCLEF2プリンストン1~4GB1万円~2万5000円

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ