このページの本文へ

BIとは? 基礎からわかる最新BI事情 最終回

ステップバイステップでPentahoを構成!

インタラクティブなBIダッシュボードを自分で作る

2010年03月19日 09時00分更新

文● 鹿取裕樹/ビーブレイクシステムズ、TECH.ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

円グラフの作成

 ダッシュボードに円グラフを表示させるために、次の作業を行なう。

  1. アクションシーケンスの作成
  2. test-template.htmlへの記述の追加

 まず、アクションシーケンスの作成を行なう。「アクションシーケンス」とは今回の連載を通して、ここで初めて扱う。しかし、ダッシュボード機能でのみ使用するものではなく、Pentahoのさまざまな機能で使用されるPentahoの基盤の機能である。

 最初に、アクションシーケンスを作成するためのツールであるPentaho Design Studio(PDS)をインストールする。BI Serverなどと同様に、http://sourceforge.net/projects/pentaho/からダウンロードする。

画像6(Pentahoダウンロードページ)

Pentahoダウンロードページ

 上の画像の「View all files」というボタンをクリックすると下にダウンロード可能な製品が表示される。その中から「Design Studio」をクリックする。バージョンごとのフォルダが展開されるので、「3.5.0-stable」をクリックする。

画像7(Pentaho Design Studioのダウンロード)

Pentaho Design Studioのダウンロード

 いくつかのファイルが表示されるが、その中でpds-ce-win-3.5.0.stable.zip をクリックする。するとダウンロードが開始される。ダウンロードが完了したらそのファイルを解凍するだけでインストールは完了である。解凍してできたフォルダの中のPentahoDesignStudio.exeを実行するとPDSが起動する。

画像8(Pentaho Design Studio起動後の画面)

Pentaho Design Studio起動後の画面

 PDSではプロジェクトの作成→作成したプロジェクトへのアクションシーケンスの作成の順で作業を行なう。まずはプロジェクトを作成する。PDSの画面左側の「Package Explorer」で右クリックすると表示されるコンテキストメニューでNew→Projectを選択する。下図のNew Projectダイアログが表示されるので、General→Projectを選択し、Nextボタンをクリックする。

画像9(New Projectダイアログ)

New Projectダイアログ

 Project nameを入力し、Finishボタンをクリックする。

画像10(Project nameの入力)

Project nameの入力

 これでプロジェクトの作成が完了した。次にこのプロジェクトに対しアクションシーケンスを作成する。作成したプロジェクトを選択した状態で、PDS画面上部のメニューからBI Platform→New Action Sequenceを選択する。すると下図のAction Sequenceウィザードが表示されるため、File nameを入力し、Finishボタンをクリックする。

画像11(Action Sequenceウィザード)

Action Sequenceウィザード

 test-dashboard.xactionの編集画面が開くため、画面下部のタブで「2. Define Process」を選択する。ここで画面左の「Process Actions」および「Process Outputs」の定義を行なっていく。

画像12(test-dashboard.xaction編集画面)

test-dashboard.xaction編集画面

 まずProcess Actionsの定義を行なう。ここでは表示対象のデータの取得と、円グラフの表示の2つのProcess Actionを定義する。1つめの表示対象のデータの取得のProcess Actionを定義する。Process Action欄の「Add New Action」ボタンをクリックする。サブメニューが表示されるので、「Get Data From」→「Relational」を選択する。ここで下図の内容を入力する。

画像13(Process Action: Relational)

Process Action: Relational

 2つめの円グラフの表示のProcess Actionを定義する。Process Action欄の「Add New Action」ボタンをクリックする。サブメニューが表示されるので、「Chart」→「Pie Chart」を選択する。「Process Action: ChartComponent」の上部の「Toggle Process View」ボタンをクリックし、下図のように入力する。

画像14(Process Action: ChartComponent)

Process Action: ChartComponent

 Configurationには次のように記述する。

画像15(Configuration)

Configuration

 Outputsには次のように記述する。

画像16(Outputs)

Outputs

 次にProcess Outputsの定義を行なう。Process Outputs欄の「Add Output」ボタンをクリックする。サブメニューが表示されるので、「image-tag」を選択する。

 ここまででアクションシーケンスの作成が完了した。ここまでで作成したtest-dashboard.xactionファイルをbiserver-ce/pentaho-solutions/testフォルダの下に配置する。

 次に、test-template.htmlへの記述の追加を行なう。biserver-ce/pentaho-solutions/testフォルダの下に作成したtest-template.htmlをテキストエディタなどで開く。このファイルに対して、下図の点線で囲んだ部分を追加し、保存する。

画像17(test-template.htmlの変更)

test-template.htmlの変更

 これでtest-template.htmlの変更が完了した。

 ここまでの作業が完了したら、先ほどと同じように実際の画面で確認してみよう。「ツール」→「リフレッシュ」→「リポジトリキャッシュ」を実行したのち、「Test Dashboard」を起動する。すると、下図のようにダッシュボードに円グラフが表示されるはずだ。

画像18(ダッシュボードへの円グラフの表示)

ダッシュボードへの円グラフの表示

 今回の連載ではここまでの説明とするが、円グラフをクリックするとその内訳を表示するなど、インタラクティブなダッシュボードを作成することができる。またグラフの種類も棒グラフ、折れ線グラフなどがあるので試してみてほしい。

次ページ「Pentahoについての情報源」に続く

カテゴリートップへ

この連載の記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!