このページの本文へ

買ったからには全部言いたい! リコー「GXR」はどうなの? ― 第10回

これまでに気になった点を「GXR」開発陣に直撃!

2010年03月18日 16時52分更新

文● 小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

10万回以上の着脱にも耐えたスライド方式のマウント

GXRの本体メカ系設計を担当した、パーソナルマルチメディアカンパニー ICS設計室 設計2G 兼 N-PT シニアスペシャリストの加賀良太氏
GXRの本体メカ系設計を担当した、パーソナルマルチメディアカンパニー ICS設計室 設計2G 兼 N-PT シニアスペシャリストの加賀良太氏

 ――カメラユニットの交換方法がスライド式になった経緯は?

 加賀:まず、このようなスライドの方法にした理由は、信号ピンの数を多く確保するためです。

 福井:ピンの数は逆に言うと、よくこの数で収まったと言う印象です。

 清水:当初の案ではカメラユニットのなかに画像処理エンジンを載せないという方式も考えられました。その場合、CMOSとCCDの両方のセンサーから出力される信号数を包含する必要があり、信号ピンの数は100本を超えてしまいます。

 そこで画像処理エンジンをカメラユニット内に搭載し、ユニットと本体をパラレル通信にするなどいかにピン数を抑えるかを考えた末、68ピンという数に落ち着きました。コネクター自体の装脱耐久という問題もあるので、実証済みのパーツを使うということになりました。

GXRで新たに試みられたスライド式のマウントは、10万回以上の着脱テストで耐久性は証明されている

 ――耐久性はどのくらいなんでしょうか?

 加賀:スライド機構のレールに関して言えば、ステンレススチールに軟窒化処理を施したものを使用していますので優れた耐久性を持っています。また、コネクターには汎用品を使用しております。製品規格として、1万5千回の着脱耐久性能となっておりますが、10万回の着脱耐久試験を実施し、正常動作することを確認済みです。

 福井:専用品を使用すると耐久試験を一から行なわなければならないので、実績のある汎用品を使用することで、さらに安心感が増す面があります。コネクター部分はこのシステムのもっとも重要な部分なので、そこに不安が残るということはシステムの根本が崩れてしまいます。そこで市場ですでに実績のある部品を調達することで安心度を高めていきました。

 清水:さらに斜め差しテストなどのいわゆる意地悪テストなども行ないましたが、回路が壊れることがないように基本設計をしています。

カメラユニット側のレール内側にはバヨネット式のバネがあり、滑らかな装着感をかもし出す役目を負っている。さらに本体との接触面にある2つの位置決めのためと思われる穴の奥にはスポンジが張られており装着時の当たりの柔らかさを演出している

 ――カメラユニットと本体を離して使うような接続ケーブルなどの展開の予定などはあるのでしょうか?

 福井:このシステムを発表した当初からそのようなご要望はありますし検討はしています。しかし、実際の問題としてコネクター間でかなり高速なデータ通信をしています。ケーブルでのデータの減衰などの課題があり、すぐという訳にはいきません。

 清水: 信号品質の問題とEMC(電磁波)の問題があります。EMCを遵守できない商品は売ることができませんので大きな課題となっています。

三脚取り付け用のネジ穴の位置は、カメラユニット内の実装密度ではユニット側に設けることは無理と判断されて本体側に設けられた。いざとなれば、オプションででも光軸に対して直線上になるようなパーツで対処すればいい、とのことだった 三脚取り付け用のネジ穴の位置は、カメラユニット内の実装密度ではユニット側に設けることは無理と判断されて本体側に設けられた。いざとなれば、オプションででも光軸に対して直線上になるようなパーツで対処すればいい、とのことだった

 ――三脚の穴の位置なのですが、できれば光軸に対して直線上にあったほうが使いやすいのですが、カメラユニット側に設けることは無理だったのでしょうか?

 福井:その検討はしました。しかし、その分だけサイズが大きくなってしまうところで、若干ずらしてでもサイズ自体を小さくするほうを選択しました。

 清水:カメラユニットによっては付けられないこともないのですが、回路の実装密度がかなり高くなっているので、カメラユニットによってあったりなかったりしては結局本体側にも設けざるをえないので、本体側だけになりました。

 加賀:見えている部分だけでなく、内側に肉厚の余裕を持たせないと強度が保てないので大変難しくなります。

カメラユニットのコネクターキャップはコネクター部分だけを保護できる程度の小さなもの。カメラバッグ内で見失いそうになる カメラユニットのコネクターキャップはコネクター部分だけを保護できる程度の小さなもの。カメラバッグ内で見失いそうになる

 ――ちなみに、カメラユニットのコネクターを保護するキャップが気になるのですが……

 福井:キャップの議論も当初していたのですが、撮影するときは外してしまうものなのでとりあえず確実にコネクターを保護できればいいだろうと今の形状になっています。

 しかし、はやりキャップ自体が小さいものなので、カメラバックのなかで見失いやすいなどの声が上がってきています。今後検討したいと思っております。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン