このページの本文へ

Opera、モバイル向けブラウザー2種類を正式版に

2010年03月17日 06時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モバイル端末が充実し、外出先でも気軽にインターネットができるようになった。しかし、最先端の端末でも、そうでない端末でも快適なインターネット環境を提供するため、Opera Softwareはモバイル向けウェブブラウザー2種の正式版を公開した。

 ノルウェーのOpera Softwareは16日、「Opera Mini 5」と「Opera Mobile 10」の2種類のモバイルブラウザーが正式版になったことを発表した。両製品とも、快適にインターネットができるよう、ページ表示速度の高速化やデータの圧縮技術などを搭載。PC用ブラウザーとほぼ同等の機能を搭載している。

「Opera Mini 5」と「Opera Mobile 10」は公式サイトから無料でダウンロードできる

 Opera Mini 5は、Javaをサポートしている携帯電話やスマートフォンのBlackberryで利用できる。一方、Opera Mobile 5は、Windows Mobile搭載機種および、ノキア社製スマートフォンのSymbian S60で利用できる。

 両ブラウザーとも、ウェブ閲覧時にデータを端末で受信する前に最大90%まで圧縮することで、読み込みの高速化やデータ通信時のコスト削減につながるとしている。また、タブブラウジングやスピードダイヤル、パスワードマネージャーなどの機能を搭載。最新端末でなくとも、快適なインターネットができるよう設計されている。

「Opera Mini 5」をBlackberryで使用している様子「Opera Mobile 10」をWindows Mobile搭載機で使用している様子

 もちろん、両ブラウザーとも無料。携帯端末からOpera Softwareのウェブサイトにアクセスしてダウンロードできる。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ