このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

新生活に選ぶこの製品、このサービス 第4回

地デジ対応スタイリッシュマシンを、お手頃価格で買う

新発想! AtomとIONでフルHD対応した「ONKYO E411」

2010年03月18日 09時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スペックにこだわるなら、セパレート機もお勧め

 また、スペックにこだわるのなら、液晶ディスプレーと本体が分かれたセパレートタイプの「S711シリーズ」を選ぶ手もある。

最新CPUであるCore iシリーズ搭載の高性能スリムタワー機「S711シリーズ」

背面から見たところ。セパレート機ということもあり、拡張性にも配慮されている

 S711シリーズは、インテルの最新CPUであるCore iシリーズを搭載しており、スリムタワーケースを採用しているので、省スペース性も高い。直販サイトなら、細かくスペックのカスタマイズが可能で、CPUやOS、ブルーレイドライブの搭載なども選べる。

 S711シリーズは、店頭モデルとして4つの製品ラインナップが用意されているが、その中でもお勧めしたいのが「S711A7B/21W1」と「S711A8B/23W1」だ。S711A7B/21W1は、CPUとしてCore i3-530を採用し、ブルーレイドライブを搭載。さらに、2番組同時録画が可能な地デジチューナーを内蔵する。

 HDD容量も1TBと大きいので、多くの番組を保存できる。また、付属のディスプレーは、光沢タイプの21.5型フルHD液晶であり、発色が鮮やかで、コントラストも非常に高い。AV機能を重視する人に向いた製品だ。

 S711A8B/23W1は、CPUとして上位のCore i7-860を搭載。メモリーも標準で6GB搭載しており、非常にハイスペックな構成となっている。Core i7-860は、自動オーバークロック機能のターボブースト・テクノロジーを搭載しており、定格クロックは2.8GHzだが、最大3.46GHzまでクロックが向上する。グラフィックボードとしてGeForce 210を搭載しており、統合チップセットに比べて、描画性能が高い。

 付属のディスプレーも、一回り大きな23型フルHD液晶(こちらはノングレアタイプ)となっており、こちらはHD動画の編集など、CPU負荷の高い作業を行う機会が多い人に向いている(S711A8B/23W1の光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ)。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン