このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

不況に打ち勝て! Core i3/i5で激安PC自作 第5回

価格性能比で対決! Core i3 vs i5 結局どっちが買い? 

2010年02月27日 12時00分更新

文● H14 富田忠雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビデオカードの性能を存分に引き出す

 次はOCと定格クロック時の3Dゲーミングへの影響を2つのベンチマークで比較だ。CPUの動作クロックがアップすることで3D処理も大幅に向上。よりビデオカードの性能を引き出せている。とくに「バイオハザード5」のベンチマークはi3-530、i5-661ともに10fps以上アップ。テスト環境に使っているビデオカードがシングルGPUでは現在最強をほこる「Radeon HD 5870」のため、定格動作クロックでも快適に動作できる60fpsを余裕で超えているが、ミドルレンジのビデオカードでも同様にfpsが10アップしたら動作はかなり快適になるぞ。コストを抑えながらゲーミング性能をアップさせるのにもCPUのOCは有効なので、試してみよう。

3DMark06

3DMark06 (単位:score) better→

3DMark06 1000円あたりのスコア(スコア÷実売価格×1000) better→

3DMark06 1MHzあたりのスコア(スコア÷動作クロック) better→

BIOHAZARD5

BIOHAZARD5(設定High/単位:fps)better→

BIOHAZARD5 1000円あたりのスコア(スコア÷実売価格×1000) better→

BIOHAZARD5 1MHzあたりのスコア(スコア÷動作クロック) better→

激安でハイパフォーマンスPCを自作するなら
Core i3-530が魅力的

 使用目的別の処理能力やねらい目の激安PCパーツ、OC耐性などを5日間に割ったって話してきたが、イチバン魅力的なのは「Core i3-530」といえる。十分な性能を備えており、1万2000円前後と激安でOS込みでも6万円以下! 構成次第で3Dゲームを高解像度、高描画で快適にプレイできるなどの幅広い目的に使うことができ、コストパフォーマンスも抜群に高いぞ!!  毎月のように性能アップした新たなPCパーツが発売されて上を目指すときりがないのが自作PCの世界だが、安価で性能が高いPCパーツを探して自分なりの激安PC自作にチャレンジするのも、自作PCの醍醐味だ。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中