このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Microsoft Office 2010関連製品群 定例記者説明会の第2回レポート

「Office」が外れたSharePoint 2010、何がすごい?

2010年03月01日 09時00分更新

文● 金子拓郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

機能がさらに強化された検索機能

 企業内の情報を検索する「エンタープライズ検索」は、SharePointの機能の柱の1つだ。SharePoint 2010では、SharePoint Server 2010自体が検索サーバ機能を搭載するほか、無償で利用できる下位製品「Search Server 2010 Express」と最上位製品FAST Search Server 2010が用意される。

3レベルの製品が用意されるエンタープライズ検索

 インフォメーションワーカービジネス本部シニアプロダクトマネージャの延原黄司氏によると、大規模向けの検索は、SharePointに完全統合されており、共通のUIフレームワークとAPIを持つという。そして、より高度な検索が必要になったら、FAST Search Server 2010に乗り換えればよいとする。その場合も、それまでSharePoint Serverで使ってきた設定や機能はそのまま利用できる。

 SharePoint 2010が持つ検索機能の特徴には、ユーザーの検索リテラシーに依存せずに、高度な検索を提供する点がある。たとえば、営業部のユーザーが資料を検索した際、求める情報は営業部内にある可能性が高く、技術部の資料が検索上位に表示されても役に立たないことが多い。そこで、検索時には自動的にユーザーの所属を調べ、同じ所属の資料を上位に表示させるようにする。

 また、会場で行なわれたデモでは検索結果を所属で絞り込む実演を行なったのだが、文書がどこに所属をするかは、自動的に判別しているのだという。つまり、人間の手で所属プロパティを設定するのではなく、たとえばPowerPointのプレゼンテーションないに「延原電工株式会社 御中」とあれば、この文書は「延原電工」関連だと判別するわけだ。

 検索結果一覧内では、WordとPowerPointのサムネイルが表示される。さらにPowerPointに関しては、サムネイルを左右にスクロールさせることで、文書内の各ページをプレビューできる。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ