このページの本文へ

Microsoft Office 2010関連製品群 定例記者説明会の第2回レポート

「Office」が外れたSharePoint 2010、何がすごい?

2010年03月01日 09時00分更新

文● 金子拓郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GrooveはSharePointのオフラインクライアントに

 前述の通り、これまで単独のOfficeアプリケーションであったGrooveが、SharePoint WorkspaceとしてSharePointファミリーの一員となる。サーバが不要で、クライアント同士で情報を共有するP2PアプリケーションであったGrooveだが、Exchange ServerのクライアントがOutlookであるように、SharePoint ServerのクライアントがSharePoint Workspaceとなる

GrooveはSharePoint Workspaceとなる

 SharePoint Workspaceは、Office 2010の企業向け最上位エディションである「Office Professional Plus 2010」に含まれており、SharePoint Server上に構築した各ユーザーのワークスペースをローカルにダウンロードする機能を持つ。ローカルのワークスペースはオフライン状態で利用可能で、再度SharePoint Serverに接続すると同期される仕組みだ。

SharePoint WorkspaceやSharePoint Mobileによるオフラインシナリオ

 もちろん、P2Pを用いた従来のGrooveワークスペースも利用可能で、PCのフォルダをほかのPCとP2Pで共有する「Grooveフォルダ同期(共有フォルダ)」も利用できる。

(次ページ、「SharePoint 2010は、ここがすごい!」に続く)


 

ピックアップ