このページの本文へ

トレードダブラー、日本市場から撤退、tdサーチウェアも終了

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2010年02月25日 12時51分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

トレードダブラー、日本市場から撤退、tdサーチウェアも終了

欧州でデジタルマーケティングを展開するTradeDoublerの子会社・トレードダブラー株式会社は2010年2月8日、検索連動型広告の運用管理を支援するツール「tdサーチウェア」の提供終了を発表した。同社は2010年6月末で解散することを決定しており、日本市場から撤退する。

TradeDoublerは欧州のデジタルマーケティング企業。2007年7月に買収した(IMW Group (The Search Works と Technology Works) の事業を継承する形で日本国内で検索広告入札管理ツール・tdサーチウェアの販売を行っていた。しかしTradeDoublerにとっては非戦略的な製品の位置づけであり、今回、日本市場からの撤退を決定した。

日本の検索広告管理ツール市場は、Efficient Frontier、Omniture、SearchForce、SearchIgnite、Kenshooなどの海外のSEMツールベンダーや国産のツールが多数参入したことで競争が激化している。

TradeDoubler Closes Japan Office as Final Stage of IMW Group Integration [TradeDoubler]
http://www.tradedoubler.com/uk-en/press/080210-tradedoubler-closes-Japan-office.html

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く