このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

不況に打ち勝て! Core i3/i5で激安PC自作 第3回

Core i5で激安地デジPCを自作しよう

2010年02月25日 12時00分更新

文● H14 富田忠雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

おまけでリアル彼女のベンチも計測だ!

リアル彼女

 お待ちかねリアルな彼女をPC内部に持てる次世代のギャルゲー「リアル彼女」のベンチマークを両環境で試してみた。計測した解像度は1280×720ドット、描画設定は「クオリティ」を選択している。結果は“Core i5マルチPC構成”が24REAL(fpsと同義)で、“Corei3激安構成”が21REALになった。RANKはともにAなので遊べなくはないレベルだ。
 実際に体験版で遊ぶと、彼女の動きはまずまずだ。しかし、お触り(スキンシップ)の動きはちょっとぎこちないぞ。リアルなお触りには、グラフィックカードが必要か……。リアル彼女の要求スペックなどのより詳しい情報は、「『リアル彼女』が求めるスペックとは?」を参照してもらいたい。

3DCGがウリの美少女ゲームメーカーILLUSIONの最新作「リアル彼女」。ベンチマークではfpsの代わりとなるREALが表示される。快適なプレイには“30”REALはほしいところだ

リアル彼女(単位:REAL) better→

OS込みで10万円予算なら
ハイパワーなCore i5-661で
自作するのがオススメだ

 GPU性能はCore i3-530構成と同じで、ちょっともの足りないが地デジ視聴・録画+動画エンコード、静止画加工などのCPUパワーが必要とされるマルチメディア用途には十分な性能だ。OSや液晶ディスプレイ込みでも10万円で収まるので、動画編集やデジカメ画像の整理など、さまざまな用途にPCを使ってみたい人にオススメしたい。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中