このページの本文へ

Ruby on Railsで構築。Amazon EC2版も登場予定

オープンソースでSFA付きの「eNote for Community」

2010年02月16日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中小企業のIT支援を行なうライトハウスは、Ruby on Railsを使ったグループウェア&日報管理システムを、オープンソースソフトウェアとして公開した。名称は「eNote for Community」。ライセンスはGNU GPLv3を採用している。

eNote for Community

eNote for Community。画面はオンラインデモのもの

 eNote for Communityは、スケジュールやアドレス帳といったグループウェアのほか、得意先管理や営業日報などのSFAとしての機能も備える。

各機能

eNotes for Communityの各機能

 また、Amazon EC2上で動作するSaaS版も、新たな製品を提供開始予定だという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ