このページの本文へ

「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ Ver.9.00」は2月10日発売

エフセキュア、スキャン時間を半減したサーバ用アンチウイルス

2010年02月12日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月10日、エフセキュアはWindows Server用ウイルス対策ソフトの新バージョン「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ Ver.9.00」の発売を開始した。Windows Server 2003/2008/2008の32ビットと64ビット版、Windows Server 2008 R2、Windows Small Business Server 2003/2008に対応する製品で、ウイルス/スパイウェア対策、ルートキット対策などの機能を搭載する。

スキャン時間が半分になった「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ Ver.9.00」

 新バージョンではスキャンエンジンを変更し、プロセスの最適化を行なうことで、CPUおよびメモリ使用量を30%軽減し、起動時間を56%、スキャン時間を50%短縮することに成功した。また、設定画面GUIをブラウザベースにすることで、リモートからの設定変更やウイルススキャンが容易になったという。

 さらに、シトリックスのCitrix XenApp 5.0とCitrix Presentation Server 4.5のサポートも加わっている。

「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ Ver.9.00」の価格
ボリュームランク初年度(単価)次年度の更新価格(単価)
1~4台5万円2万5000円
5~9台4万円2万円
10~24台3万5000円1万7500円
25~49台3万円1万5000円
50~99台2万2500円1万1250円
100~249台1万7500円8750円
250~499台1万2500円6250円
500~999台1万円5000円

カテゴリートップへ

ピックアップ