このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

.NET Framework 4&Visual Studio 2010で開発環境が変わる

2010年02月10日 10時45分更新

文● 飯島進仁/ふむふむソフト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

.NET Framework 4&Visual Studio 2010の
新機能をチェックしよう

 β2が公開されて約3ヵ月が経過した「Visual Studio 2010」(以下VS 2010)、および「.NET Framework 4」(.NET 4)。ASCII.jpを読む開発者のみなさんは体験されただろうか? 1月22日にマイクロソフトから、.NET 4の新機能が一覧できるサイト、および.NET Frameworkの導入事例を紹介するサイトが公開されたので、そちらと併せてVS2010の特徴を開発者視点で紹介しよう。

 .NET 4上で動作する、この新しいVisual Studioには多くの改良や新機能が盛り込まれている。.NET 4およびVS 2010ではいったい何が変わるのか? 早速、今回公開された.NET Framework 4 技術資料一覧のページを確認していこう。


.NET Framework 4 技術資料一覧
MSDN(マイクロソフトの開発者向け情報提供サイト)に新設された「.NET Framework 4 技術資料一覧」

注目の新機能は?

 大小さまざまな新機能や変更点が存在するが、Web系のテクノロジとしてまず注目したいのは、ASP.NET 4から正式に採用される「ASP.NET AJAX」と「ASP.NET MVC」だ。

 ASP.NET AJAXは従来のASP.NETのWebフォームと、すでに一般化した感のあるAjax(JavaScript+XMLによる非同期通信)を統合した新技術だ。従来のWebフォームでは、一度リロードしなければ画面の更新ができかったが、ASP.NET AJAXを利用することでリロードなしに画面の一部を更新できる。その実装を、JavaScriptのコードを直接記述することなく、Visual Studio上でスマートに行なえる技術だ。

 ASP.NET MVCは、従来のASP.NETが苦手としていた「画面遷移とロジックの分離」を実現する新しいフレームワークだ。従来のASP.NETでは、1画面で済む処理はスマートに実装できる反面、画面遷移を伴う処理の実装にはかなり煩雑な手続きが必要になる傾向があった。そのため、(私自身を含む)多くのASP.NETエンジニアが独自に工夫を重ねてきた部分だが、今回から正式にASP.NETの新機能として組み込まれた。

マルチコアCPUをフル活用する技術も!

 Web系以外のテクノロジで個人的に最も注目しているのが、「Parallel Extensions」だ。

 近年のハードウェアの目覚ましい進化により、複数のCPUコア(マルチコア)を搭載したPCも一般化してきたが、その実力を十分に発揮できるような並列処理を行なうプログラムの開発は、決して容易ではなかった。

 このParallel Extensionsを利用すれば、簡単な記述で並列処理を行なうプログラミングができるので、マルチコアCPUでの実行速度はもちろん、そのプログラミングのパフォーマンスも飛躍的に上げることが可能になる。今後の動向も含めて要注目な新機能だといえるだろう。

 このように見所の多い新機能であるが、今回はASP.NET 4の技術を詳解した「ホワイトペーパー」と、VS 2010×.NET 4を使いこなすための第一歩「Visual Studio 2010&.NET Framework 4 Training Kit」(以降、トレーニングキットと略す)を取り上げる。

 トレーニングキット自体は英語版だが、同じページで紹介している「ハンズオンラボ日本語ドキュメント」と照らし合わせることで容易に学習できるだろう。英語版のトレーニングキットというとやや敷居が高そうに思われるが、日本語資料のハンズオンラボの技術ドキュメントとともに読み進めれば、英語が苦手な方でも無理なく学習していけるはずだ。

 .NET 4環境――現状では無償提供されている「VS2010 β2」と前出のトレーニングキットがインストールされている環境があれば、新しい機能や技術を今すぐに体験できる。



 では早速、ASP.NET 4ホワイトペーパーとトレーニングキット/ハンズオンラボを見てみよう(いずれもxps、PDFの両方フォーマットのドキュメントで提供されている)。

前へ 1 2 次へ

ピックアップ