このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第85回

禁断のハック!? 「Amazon Kindle 2」を日本語化

2010年02月04日 12時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

禁断のハックで日本語化!

 そんな折、テクノロジーガジェットではいつもお世話になっている友人から、「ウェブでもRSSのニュースでも日本語が使えるよ!」という耳を疑うような重大ニュースを知らされた。

 教えられたアップデートファイルをネットからダウンロードして導入するだけで、Kindle 2は「非公式」ながら日本語版に早変わりする(kindleの全フォント入れ替え対応フォントハック、作者: ichinomoto氏)。今ではウェブ巡回も、Gmailも、Googleカレンダーも、iGoogleまで、すべて日本語表示でごく普通に使えている。

シンプルなPDA版だがGmailも問題なく読める

メニューボタンからもさまざまな機能にアクセスできる

Googleカレンダーもリファレンスだけならまったく問題なく使える

仮名漢字変換が出来れば100点だが、正式なKindle日本語版を待つしかないか?

Googleの日本語での検索画面は表示されるが、日本語入力が今はない……

iGoogleも問題なく動作する

 さらに「Feedbooks」を活用すれば、RSSのニュースを電子ブックフォーマットのひとつである「mobi」ファイルに変換して持ち歩くことも可能だ(Kindle用Feedbooksへのリンク集、作者:kei_1氏)。これでいつでもどこでも日経ニュースやEngadget Japanなどを読めるようになった。

RSS配信されている日経の記事もこの通り

いったん取り込んだ記事は、「Update」をクリックするだけで最新のものがすぐにダウンロードされる

ダウンロードが終わったあとに「HOME」メニューを押せば、入手したニュースを最上段に表示してくれる。便利だ!

 もちろんメーカーの推奨する使い方ではないので、このハックでKindleが動作しなくなったり壊れたりしてもそれは「自己責任」。それでもやってみたいという 人だけ試してみてほしい。

 Kindle 2は優秀な先人の素晴らしい努力と太っ腹な心で、筆者にとっては大昔の「HP100LX」や「Palm」を超えるエキサイティングなハードウエアとなった。Kindle 2万歳!


今回の衝動買い

アイテム:Amazon Kindle 2国際版
価格:259ドル(Amazon.comで購入)


T教授

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。

 

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン