このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

2010年 Core i7/5/3搭載ノートはコレが買い! 第2回

Core i7/5搭載でパワーアップした最新地デジノート

2010年01月26日 12時00分更新

文● 寺崎基生

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ホームノートのフラッグシップモデル
ソニー VAIO Fシリーズ

VAIO F「VPCF119FJ/BI」

VAIO F「VPCF119FJ/BI」

 VAIOシリーズの中でも、大画面ホームノートという位置づけの「VAIO F」シリーズ。その2010年春モデルのフラッグシップが、クアッドコアのCore i7-720QM(1.60GHz)と、16.4型ワイドの液晶ディスプレーを搭載する「VPCF119F/BI」(以下F119)だ。下位モデルとして、Core i5-520M(2.40GHz)搭載の「VPCF118FJ/W」と、Core i3-330M(2.13GHz)を搭載する「VPCF117FJ/W」が用意されている。

 VAIO Fは地デジダブルチューナーやBDドライブを搭載したAVノートである。搭載する液晶ディスプレーには、一般的な液晶ディスプレーよりもきめ細かく色表現力に優れたAdobeRGBカバー率100%対応の「VAIOディスプレープレミアム」を採用。表示解像度は1920×1080ドットのフルHDに対応しており、BDのHD映像を画質を落とさずに楽しめる。

 クアッドコアCPUによる高い処理能力に加え、GPUの能力を利用したパワーアップも図られている。従来のVAIO FはATI系のGPUを採用していたが、今モデルからはNVIDIA系の「GeForce GT 330M」に変更された(F119の場合)。これにより、「NVIDIA CUDA」を使用したGPU処理が利用可能となり、動画の編集や手ぶれ補正処理、動画エンコードなどを高速に行なうことが可能となっている。

 そのほかにも、F119では「Photoshop Lightroom 2」や「Photoshop Elements 8」「Premiere Elements 8」などの画像・動画編集ソフトがプレインストールされているのも大きな魅力となっている。OSはすべてWindows 7 Home Premium 64bit版。

 予想実売価格は、最上位モデルのVPCF119F/BIが24万円前後、VPCF118FJ/Wが19万円前後、VPCF117FJ/Wは17万円前後の見込み。

■関連サイト



アンテナ線をつながずに使えるワイヤレスTV
NEC LaVie L LL870

LaVie L「LL870/WG」

LaVie L「LL870/WG」

 NECの大型ノート「LaVie L」シリーズのテレビチューナー搭載モデルが、「LL870/WG」だ。このLaVie LL870と後述するBIBLO NWは、地上/BS/110度CSデジタル放送の3波に対応したチューナーユニットを備える。

 LL870はアンテナ線をパソコン本体に直接接続しなくても、ワイヤレスでテレビ視聴が可能となる「ワイヤレスTVデジタル」を搭載する。ワイヤレスTVデジタルは、テレビチューナー内蔵の無線LANユニットを利用するもので、テレビ映像を無線LANを経由でパソコンに転送するというもの。これを使うことで、アンテナのない部屋でもテレビの視聴・録画が可能となる。通常の無線LANアクセスポイントとしても利用できるので、インターネットもワイヤレスで利用可能だ。

 ディスプレーは、16型ワイド/フルHD解像度の「スーパーシャインビューEX液晶」を搭載。CPUにはCore i5-430M(2.26GHz)が搭載されている。4GBのメインメモリーや500GB HDD、BDドライブを装備するなど、基本スペックも充実している。さらに、次世代のインターフェースといわれている「USB 3.0」対応のUSBポートを2ポート搭載しているのも特徴のひとつだ。

 OSはWindows 7 Home Premium 32bit版がプレインストールされているが、再インストールすることで64bit版に変更できるセレクタブル方式となっている。

 予想実売価格は20万5000円前後。CPUや光学ドライブ、液晶ディスプレーなどのグレードを落とした低価格モデル「LL570/WG」もラインナップされており、こちらの予想実売価格は19万円前後となっている。

■関連サイト



3波対応ダブルチューナーユニットを搭載した大画面AVノート
富士通 FMV-BIBLO NW

FMV-BIBLO NW「NW/G90T」

FMV-BIBLO NW「NW/G90T」

 富士通のノートパソコン「FMV-BIBLO」の中で、2010年春モデルのフラッグシップモデルとなるのが、18.4型の大型液晶ディスプレーを搭載するFMV-BIBLO NW「NW/90T」だ。搭載ディスプレーは、LEDバックライトを使用する「スーパーファイン液晶」で、このサイズでは当然ながらフルHD解像度に対応している。CPUはCore i5-430M(2.23GHz)で、4GBのDDR3メモリーと500GB HDD、BDドライブなど、充実した装備で固めている。

 テレビチューナーユニットは、3波対応のチューナーユニットを2基内蔵しており、2番組同時録画にも対応。機能的にはダブルチューナーを搭載したBDレコーダーと比べても遜色のないものとなっている。

 テレビとしての機能も充実している。大型のディスプレーに加えて、ツイーターやサブウーファーまで揃えたスピーカーユニットを採用しており、臨場感のあるサウンドを楽しめる。さらに、キーボード奥の部分に4型のタッチパネル式液晶ディスプレーを搭載しており、DVDのチャプター選択やオーディオの再生操作をサブ画面上で行なえる。大型ノートならではのデバイスといえる。

 GPUには、GeForce GT 335M(ビデオメモリー1GB)を搭載しており、グラフィックス性能も高い。オンラインRPG「モンスターハンターフロンティアオンライン」の推奨PCにも認定されているなど、オンラインRPGレベルなら十分快適にプレイできる実力を持っている。

 テレビもゲームもオーディオも、すべてノートパソコン1台でまかないたいと考える人には、最適の選択肢となるだろう。予想実売価格は21万円前後となっている。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン