このページの本文へ

msi「Big Bang-Fuzion」店頭デモイベント

msiから「Big Bang-Fuzion」発売! 店頭デモイベントも盛況

2010年01月16日 23時55分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日より販売開始されたNVIDIA GeForceとATI Radeonといった異なるGPUメーカーのビデオカード2枚によるマルチGPU環境が構築可能というmsi製のユニークなLGA 1156対応マザーボード「Big Bang-Fuzion」の店頭デモイベントがソフマップリユース総合館およびOVERCLOCK WORKS、TSUKUMO eX.にて行なわれた。

異なるGPUメーカーのビデオカード2枚によるマルチGPU環境が構築可能というmsi製のユニークなLGA 1156対応マザーボード「Big Bang-Fuzion」の店頭デモイベントがソフマップリユース総合館およびOVERCLOCK WORKS、TSUKUMO eX.にて行なわれた

 イベントではmsiスタッフによる解説のほか、実働デモ、msiオリジナルノベルティのじゃんけん大会などが行なわれた。
 なお、製品の詳細に関してはこちらに詳しいのでぜひ参照していただきたい。

「Big Bang-Fuzion」部品実装前の基板サンプル(P55-GD80)
TSUKUMO eX.ソフマップリユース総合館

「Clarkdale」と組み合わせ、液令デモで6GHzオーバーも!

OVERCLOCK WORKSでは「Big Bang-Fuzion」を使用し異なるGPUメーカーのビデオカード2枚によるマルチGPU環境での動作デモのほか、液体窒素を用いた液令オーバークロックデモも実施。「Core i5-670」(3.46GHz)を使用し、6GHzオーバーを記録

 OVERCLOCK WORKSでは「Big Bang-Fuzion」を使用し異なるGPUメーカーのビデオカード2枚によるマルチGPU環境での動作デモのほか、液体窒素を用いた液令オーバークロックデモも実施。
 液令オーバークロックデモでは先日発売されたインテルのLGA 1156対応CPU、開発コードネーム「Clarkdale」(クラークデール)こと「Core i5-670」(3.46GHz)を使用し、6GHzオーバーを記録した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中