このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

痛車走行会情報もアリ!

TOKYO AUTOSALONで限定グッズをゲットせよ!

2010年01月14日 20時51分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クルマ業界の風物詩が今年も開催!

 クルマ業界の1年を占う大事なイベント、それが「TOKYO AUTOSALON」(以下、オートサロン)。不況だの、クルマ離れだのとあまり景気の良い話は聞かないが、今回はそんなのを吹っ飛ばすくらいスペシャルなコンテンツが満載なのだ。開催期間は15日~17日。会場は例年通り千葉県の幕張メッセだ。なお、15日は基本的にはプレスデイだが、午後からは一般客も入場できるようになる。

これは去年のオートサロンの様子

 去年も痛車が何台か出展されていたが、今年は痛車専門誌である「痛車グラフィックス」(以下、痛G)がドドーンとブースを陣取り、痛車関係の企業がデモカーを展示したり、グッズを販売したりするのである。このブースはいわば痛車連合、現代に蘇ったアウトウニオン! 痛車オーナーは、入場したら真っ先に痛Gブースを目指してほしい。

 中でも、弊社の作品であり、4月1日にPSP版のゲームが発売される「マリッジロワイヤル」の痛車ステッカーが、どこよりも先駆けてオートサロンで販売されるのである。痛Gブース内に、マリロワの痛車が展示されていたら、そこに行って「マリロワステッカー100万枚ください!」と元気に注文しよう! ステッカーの大きさは給油口サイズから1メートル四方にもなる巨大なサイズまでバラエティ豊富。西又葵氏と鈴平ひろ氏の渾身のイラストで愛車のボディーを埋め尽くそう!

このようなステッカーが販売される(他にも多数別デザインあり)。あまり数は多くないようなので、お早めに

 さて、西又氏といえば、なんと今年のオートサロンのイメージキャラを描いている。その繋がりで、16日の12時30分から12時50分までトークショーも開催され、さらにオートサロン限定のグッズ(恐らくイメージキャラのもの)も販売されるとのことなので、西又ファンはオートサロンのサイトをモニターに穴が開くまでチェケラッチョだ。

 ちなみに、今年のオートサロンは千葉県の開発計画により、駐車場が大幅に減っているそうなので、痛車で行きたい気持ちもわかるが、公共交通機関で行ったほうが無難だ。駐車場を探してうろうろしてるうちに、グッズが完売なんてことになったら悲しすぎる!

インポートカーショー、そしてついにオートサロンと、着々とクルマイベントを浸食しつつある痛車。このままいけば、来年の東京モーターショーに痛車ブースが出るんじゃ!?

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ