このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2010 International CESレポート Vol.2

もうすぐ登場? CESで見た国内未発表VAIO&LOOX

2010年01月09日 12時00分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CESの米インテル社ブースには、毎年数多くの最新パソコンが展示される。今年私が目をつけたのは、モバイルノートの紹介コーナーにあった「赤い製品」だ。

富士通の新ネットブック「LifeBook MH380」

富士通の新ネットブック「LifeBook MH380」。10.1型/1366×768ドットディスプレーを備え、プラットフォームは新しいAtom N450だ

 丸みを帯びた見慣れないノートで、CPUはAtom N450。いわゆるPineTrail-M系のプラットフォームを使った製品だが、注目点はほかにある。背面に見慣れた「Fujitsu」のロゴがあるのだ。そういえば、無限大をあしらったロゴもあるし、光沢仕上げのイメージも、現行のLOOXにつながるところもある。

デカデカとロゴを配さない、シンプルなデザイン

デカデカとロゴを配さない、シンプルなデザイン。光沢処理の感じは、最近の富士通の製品に見られるテイストだ

 説明員によれば、この製品はアメリカで発表した「LifeBook MH380」。日本では「LOOX M」シリーズにあたる製品である。単にボディーが曲線的なだけでなく、サイドの仕上げもなかなか凝っている。重量は「3ポンド以下」とのことなので、1.3kgを切るか切らないか、といったところだろう。

本体側面

本体側面。やわらかな曲線がつながったようなデザインになっていて、かなり独特な印象を受ける。ヒンジを閉めた時の「合い」も良好だ

 ユニークなのは、タッチパッドの横にある丸い部分。ここはスクロール専用の部分で、「デュアルスクロール」と呼ばれていた。指をくるくると回して操作すると、そのままスクロールになる。メインのタッチパッドとは別に用意して、誤操作を避けよう、という発想のようだ。

パッドの右にある丸い窪みが「デュアルスクロール」

タッチパッドの周囲を拡大。パッドの右にある丸い窪みが「デュアルスクロール」

 最後に、説明員は次のような話をしてくれた。「あなたは日本からのプレスだろう? これは、メード・イン・ジャパンなんだよ。ぴったりだと思うけどね」

 富士通のネットブックはこれまで、海外生産の製品だった。それがこの製品で「日本製」になる……ということは、同社が力を入れる「本命商品」のひとつ、ということになるのだろうか。日本での発表に期待したい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン