このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第13回

プロがネット音楽で目指すのは「商店街の魚屋さん」

2010年01月09日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

商店街の魚屋さんみたいな音楽屋さんになりたい

―― 利益が出ないといえば、音楽そのものも同じことは言えるわけです。プロなのにタダで動画を上げる意味を教えてください。

津久井 このままではいけないと企業側でも考えていると思うんですよ。それで色々やるんですけど、フットワークの軽い人が次の何か変なことをやるべきだと思っています。誰かが作り上げたものに乗っかるより、どうせなら作る側にいたかったから。

企業というベースがあって活動するのではなく、あくまで自主的に「作る」側でいたいという

―― つまり、職業的にもこちら側の試行錯誤に魅力があるということですよね?

津久井 それがイコールお金ということじゃないんですよ。究極は商店街の魚屋さんみたいな音楽屋さんになりたいんです。「いい魚入ってない?」って言われて、「今日いいの入ってるよ」って手渡しで。それで「安くしとくよ」とか。なんでそのスタイルができなくなっちゃってるんだろうなあって。

―― コミュニケーションを生み出して無駄をなくしたいと。

津久井 人と人の距離が、今の音楽だとありすぎるから。真ん中にいろんなものが入りすぎてる。もうちょい詰めたいんです。それがネットなりが発展して、簡単になるかも知れない。そういう時に対応できないと。

―― 今はどこで音楽を売っているんですか?

津久井 クリプトンの「KarenT」※2というレーベルです(KarenTオフィシャルサイト内、そそそPのページ)。レーベル名の由来は「第三の波」を書いたアルビン・トフラーの娘さんの名前なんです。カレンというらしいんですね。

―― ああ、だからKarenTなんだ。

※2 KarenT : 「初音ミク」などボーカロイドソフトを発売しているクリプトン・フューチャー・メディア社が運営する音楽レーベル。所属アーティストはiTunesでの楽曲を配信する際に「KarenT」名義で発売することになる

KarenTには様々なボーカロイドPたちが所属している。iTunes上で楽曲を販売するためのプラットフォーム的な役割を担っている。右はそそそPのページ

津久井 トフラーのメッセージを大雑把に言えばプロシューマー、生産消費者が次を作っていくということなんですが、そのトフラーの子供であれ、みたいな意味合いだと思うんです。

―― 初音ミクは生産消費者を育てるためのインキュベーターでもありましたからね。ただ、それを取り払った際にどうなるのかという問題もあります。

津久井 曲として評価されているのか、人が歌ったときにも同じような感想がもらえるのか、ということですね。その両方の視点を持っていなければならないと思うんです。プロとしてどうなのということと、ボカロ界としてどうなのという視点を。

 そのバランス取りみたいなところを自分はやらなければならないと思っている。逆に同人でやっている人たちもプロの目線が必要になるかも知れない。その境目がなくなっているので。

―― クオリティで言えば境目がどんどんなくなっていますね。

津久井 クオリティの差なんか、最初からなかったんじゃないですかね。

iTunesで購入可能なそそそPのアルバム

NEXT(Ver.i)

NEXT(Ver.i) Feat.初音ミク

価格 900円

収録 Next Stage (Album Edition) / 命の翼-Listen to My Soul- / サヨナラ / Prime Drive / Take Off / Trust you / My Everything / アリガトウを言えたなら / あなたがいるから-Monitor of Love- / Shooting Star prologue / A Day / きっとこの場所で / Pure Heart


愛の翼-Eternal Song-

愛の翼-Eternal Song-Feat. 初音ミク-EP

価格 300円

収録 愛の翼 -Eternal Song- / 命の翼 -Listen to My Soul- / 愛の翼 -Eternal Song- (Instrumental & Chorus) / 愛の翼 -Eternal Song- (Instrumental)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン