このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第82回

忘年会、合コンで実証済み

T教授お勧め! 女子の心をつかむガジェット10(前編)

2009年12月30日 23時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

その2:宇宙の誕生まで語れる!? 腕時計型の日時計

 昨今は、トレンド週刊誌や男性誌だけでなく、セレブ向けの月刊誌でも、グルメ雑誌でも「腕時計」の大特集が登場するようになった。ケータイで時刻もスケジュールも一目瞭然なこの時代において、腕時計の存在意義とは何だろう。

 世界の腕時計メーカーの多くが宝飾と同じ超高級路線を目指す中、安物腕時計のコレクターである筆者は、毎日、日替わりで交換しても2ヵ月以上は持つというガラクタコレクションを抱えてしまっている。そんなガラクタの中でも、女子の心をつかむ腕時計は極めて少ない。

 最近の極めつけは、まったく時刻の読めないフォッシルの腕時計型の日時計「Sun Dial」だ(Amazon.co.jpで見る関連記事)。

Sun Dial

腕時計型の日時計「Sun Dial」。購入価格は7350円

一般的に三角形の部分をしている部分がノーモン

 もちろん社会生活に必要な時間は必要だが、それはケータイや駅の改札口にある大時計などを利用すればいい。彼女に時刻を聞かれたときは、「今日は時間が止まっていて欲しいから……」と訳の分からない答えを返してもいいだろう。

 日時計の歴史や形(ノーモン)の作り方など、事前にその原理を勉強しておき、分かりやすく伝えられれば、Sun Dialは、人と人との会話を促進する最高のコミュニケーションガジェットになるだろう。

 日時計の話は、宇宙の誕生までたどれる夢の世界の入り口だ。出荷台数から見れば、国民全員がケータイ電話を持ってることになる現在、合コンやパーティー会場でのナンパの台詞に「今、何時ですか?」はあり得ない。日時計しか持っていなければ、質問自体は極めて自然で妥当だろう。

一緒に持ち歩くアイテムは、こんな感じでコーディネートしたい

 一時的なウケだけではなく、着目度とその持続的な効果の反復を狙うなら数倍効果的かも知れない。

 60回ローンでやっと買ったブランドものの腕時計を見せびらかしたり、雑誌から仕入れたセコイ腕時計の蘊蓄を1時間話したからといって、フランクミューラーを愛用するちょっとセレブな彼女には理解されず、大きな進展はないはず。そんなときこそ、ほかの腕時計と比べる共通項をまったく持ち合わせていない太陽の申し子「Sun Dial」の出番だろう。


その3:ベガスの金持ちになりきる!? 100ドル札の財布

 例外を除き、宴会や合コン、デートで最後にやる行為は、財布を取り出して支払いを済ませるということ。

 そういうケースを想定し、ビジネス誌では接待などの多いビジネスマンに向けて、目立たず無難だが、少しお洒落でどことなく高級感がただよう財布を持つことを推奨している。しかし、なかなかそういう場に似合う財布は筆者には思い付かない。

 オンタイムのビジネスランチやディナーにおいては、ポイントカードでいっぱいになった「メタボ財布」をお尻のポケットから取り出す輩はいないはず。逆にオフやウィークエンドの宴会や合コン、デートなら、ウケを狙って凝ってみるのも楽しいだろう。

 2007年は情けなさが爆発した「紙の財布」がお勧めだったが……。有り難くない不況も底で安定し、この先、どうなるかも見えないイヤーな雰囲気だ。そんなときは気持ちだけでもリッチでお馬鹿に徹してみたい。

 そんなデフレ・レジスタントにおススメの財布が、「LOADED」(ローデッド)という100ドルの札束を模した仮想リッチ、いや下層リッチ、それとも仮装リッチ? どれでもいいが、ラスベガスに居そうな「一夜のお金持ちを演出するためのお馬鹿財布」なのだ(関連記事)。

LOADED。販売価格は2500〜5000円

 普段ならスマートに済ます支払い処理も、このお馬鹿財布の場合は、周囲が気が付いてくれるように、できる限りゆっくりと、もったいぶって取り出すことが必要だ。そして、クレジットカードは大丈夫だが、お札の取り出しには気を遣いたい。

 ドル紙幣用に縫製されたローダーは、高さが少し寸足らずで、「福沢諭吉」は七夕の笹にぶら下げる短冊のように細く横に二つ折りにしないと入らない。ふたつに綺麗に折り曲げた複数枚の「福沢諭吉」から1枚をこっそり取り出すしぐさを彼女に見つかったら、何となく「セコさ爆発」の印象が付いてしまう。ケースバイケースだが、注意が必要かもしれない。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン