このページの本文へ

アライド、エコなギガスイッチ「CentreCOM 9048XL」出荷

2009年12月21日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月18日、アライドテレシスは全52ポートを搭載したインテリジェントスイッチ「CentreCOM 9048XL」の出荷を開始した。

全52ポートを搭載するギガビットレイヤ2スイッチ「CentreCOM 9048XL」

 CentreCOM 9048XLは4ポートのSFPポートと、48ポートの10/100/1000BASE-Tポートを搭載したレイヤ2のギガビットスイッチ。IEEE 802.1X認証/Web認証/MACアドレスの3つによるTri-Auth機能、マルチプルダイナミックVLAN、ポートセキュリティなどの認証機能を搭載。ループ検出とポート制御を実現するループガード機能やマルチキャストで用いられるIGMPv3/MLDv2のスヌーピング機能などにも対応している。

 また、LEDやポートを任意のスケジュールでシャットダウンさせるエコトリガーや、切り替えスイッチやトラフィック量に応じたLEDの消灯、あるいはリンクダウン中のポートの電力消費を抑えるといった省エネ機能も充実している。

 その他、EPSR(Ethernet Protected Switched Ring)リングのトランジットノードとして動作するEPSRアウェア機能を持つため、リングの監視、障害検知や高速な経路切り替えが可能となっている。

 価格は37万8000円となっている。光ポートの実装を可能にするSFPモジュールもオプションで提供されている。

カテゴリートップへ

ピックアップ