このページの本文へ

Jストリーム、企業の公式映像をバイドゥ動画検索サービスで検索可能に

2009年12月16日 16時52分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

株式会社Jストリームは2009年12月14日、同社が配信する企業の公式映像コンテンツをバイドゥ(baidu.jp)で検索可能にするトライアルサービスの提供を開始した。

GoogleやBingの動画検索サービスが対象とする範囲(インデックス)は、主にYouTubeやニコニコ動画、Dailymotion、 Ameba Visionなど、動画共有サイト上の動画コンテンツ(シェアード型)が中心。企業の公式サイトで提供されている動画コンテンツ(ホスト型)を、動画検索サービスを通じて探し出すことは比較的困難な状況になっている。

今回のトライアルは、Jストリームが同社の顧客企業の映像コンテンツのインデックスをバイドゥに提供することで、キーワード検索を可能にした。同社公式ブログによると、たとえば、「パナソニックオープン」と検索するとch.panasoni.co.jpの動画が先頭に表示される。

Jストリームは、Baidu動画検索サービスにおいて、企業の公式動画を検索可能とするトライアルを実施
http://www.stream.co.jp/company/press/2009/091214/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く