このページの本文へ

ヤフー、SearchMonkeyに対応 - Yahoo!検索プラグインを公開

2009年12月16日 15時25分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ヤフーは2009年12月16日、検索結果に多くの有益な情報を表示する、SearchMonkey(サーチモンキー)の日本国内の導入を明らかにした。同日、SearchMonkeyを有効にするための「Yahoo!検索プラグイン」を公開した。SearchMonkeyは今年3月に国内導入検討が明らかにされていた。

SearchMonkeyは2008年5月に米国で提供開始された、Yahoo! Searchのオープンプラットフォーム。「検索結果を使いやすく、魅力的にする」ことをコンセプトに掲げており、検索結果に文字だけでなく写真や価格、レビューの星の数、動画、ディープリンク(サイト内リンク)などのリッチなコンテンツを掲載できるようになる。

サイト運営者は、コンテンツをRDFやmicroformatsなどのセマンティックマークアップを使って構造化データを作成し、Yahoo!Japanと共有する。また、検索結果の表示内容を変更する検索プラグインを別途提供し、それをユーザが利用することで検索結果のサマリ部分に多くの情報が表示されるようになる。今回、提供開始されたYahoo!検索プラグインはその検索結果の表示方法を制御するためのプラグインだ。

公開されたYahoo!検索プラグインは、Yahoo!知恵袋やYahoo!グルメなどのYahoo!JAPANサービスのほか、ぐるなび、グルメウォーカー、All About、クックパッド、ビッダーズ、OKWave、Wikipedia、レシピ大百科、食べログ、キッコーマンホームクッキング、楽天オークションなど、レシピ、グルメ、レファレンスなどのジャンルから合計20個ほど。いくつかのプラグインは、デフォルトで設定された状態になっている。

ヤフーは2010年春から、誰でもプラグイン開発に参加可能にする開発ツールを公開する予定。サイト運営者が構造化データとプラグインを開発・用意することで、自分のサイトが検索結果に現れたときに、より魅力的な情報が提供できるようになる。


検索会社によるセマンティックウェブへの取組みは、米Yahoo!がSearchMonkey(2008年、米国)で先行した。当初静観していたGoogleは2009年5月にリッチスニペット機能を発表し、同じくRDFやmicroformatsによる構造化データのサポートを開始した。両社ともに、価格やレビュー、平均価格などの情報を構造化して検索エンジンと共有することで、検索結果をより便利にする点は共通だ。

セマンティックウェブという言葉自体はずっと昔から存在したが、それに対応することの明確なメリットがなかったことから浸透しなかった。しかし2大検索エンジンがともに構造化データをサポートすることで、「トラフィック」獲得という導入する明確な理由が生まれた。とりわけ日本では過半数のシェアを握るYahoo!JAPANが対応したことで、順次、導入が進んでいくことが予想される。

検索結果を見やすく魅力的にする「Yahoo!検索プラグイン」を公開しました
http://searchblog.yahoo.co.jp/2009/12/searchmonkey.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く