このページの本文へ

オプションケーブルで近距離直結もOK

ラリタンの新KVMスイッチはドロア付きで便利!

2009年12月17日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月14日、ラリタンは17インチの液晶ディスプレイ(KVMドロア)を搭載した低価格KVMスイッチ「TMCAT17 LCD KVMスイッチ」を発表した。1UのKVMスイッチに搭載したドロアから、複数台のサーバーに対してキーボード/ビデオ/マウス(KVM)の操作を行なえる。画面は1280×1024の解像度に対応し、日本語を含む7カ国語のキーボードをサポート。最大2ユーザーまで同時接続が可能になっている。

KVMドロアを搭載した「TMCAT17 LCD KVMスイッチ」

 また、サーバー接続を迅速に行なうための専用Cat5ケーブルがオプションで提供。製品は最大8台まで対応する2ユーザーモデル「TMCAT1728」と最大16台まで対応する2ユーザーモデル「TMCAT17216」の2機種が用意される。いずれもラリタンのMasterConsole CATシリーズのカスケード接続を使うことで最大256台までのサーバーの接続が可能になっている。

カテゴリートップへ