このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

都庁前iPhoneクラブ 第26回

iPhone裸族は必携 吸盤スタンド「iStand」を試す

2009年12月15日 18時30分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本製のこだわり!

 使い勝手にはあまり関係ないが、シリコンの触感もオススメしておきたい。

 iStandは、円形の「頭」の部分が固く、その下の「首」の部分は柔らかくなっている。iPhoneやテーブルに貼り付けておくと、手持ち無沙汰なときには、なぜか触りたくなってしまう魔力を持っている。親指で動かすと、ファミコン用コントローラーの一種「ジョイスティック」(というよりジョイボール?)にちょっと似ている。

iStandを動かしてみた



 イデア・インターナショナルに話を聞いてみたが、この商品は同社のインハウス・デザイナーのアイデアだという。幼い息子とiPhoneでYouTubeを見る際に不便だと感じていたことなどがきっかけで生まれたそうだ。その後、同社がアップル製品の販売店「Idea Digital Studio」を出店したこともあって、商品化が決まった(関連記事)。

「丸いフォルムのアイデアは、角度を限定せず、自由に動かすのに最も適していたのでこの形しかなかったそうです。スタンドとしてだけでなく、吸盤を貼り付けたまま持ってメールなどを打っても使いやすいことも特徴です」(イデア・インターナショナル)

 シリコンにもこだわっていて、その技術に精通した日本のメーカーに依頼している。この手の小物では珍しい「Made in Japan」だ。

 ひとつ注意したいのは、ケースにiPhoneを入れている場合だろう。どのケースにもくっつくわけではなく、つや消し加工されたケースには貼り付かなかった。気になる人はくっつくかどうかを試しておいた方が無難かもしれない。ちなみに裸なら、iPhoneだけでなくiPod touchやiPod nanoにもきっちりくっつけて立てられた。

 iStandは、先ほどのIdea Digital Studioにて12月半ばに発売される。持ち運ぶときはポケットにiPhoneとiStandを入れておいて、出先ではくっつけて使う──。そんなライフスタイルを実現してくれるこのアクセサリーをゲットしてみてはいかがだろう。


オマケ:いろいろ付けてみた

iPhoneに3つ付けてみたところ。何か進化の途中で間違った方向に進んだ生物のようになってしまった……。しかし、これはこれでイイ

iPod/iPhone以外でも使い道がありそう。これはWiiのリモコンにつけてみたところ

これでホールド感アップ!? ちなみにPSPは背面の形状が複雑でくっつかなかった

Wiiユーザーにも意外におすすめかも!


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中