このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCの盗難・紛失に万全の保険を OneBe「TRUST DELETE」

2009年12月15日 06時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TRUST DELETE発表会の様子
TRUST DELETE発表会の様子

 14日、都内でワンビが遠隔データ消去ソフトウェア「TRUST DELETE」(トラストデリート)の新バージョンを発表した。TRUST DELETEは、盗難・紛失したPCのデータをリモート操作で選択消去する企業向けアプリケーションだ。

 インターネット経由で消去コマンドを送信する機能のほか、インターネットに一定期間アクセスしない場合も、重要データを自動消去する。もしくはインターネット経由でサーバーにアクセスしていない状況では重要なデータを見えなくする“不可視化機能”を備えているのが特徴だ。インターネットに接続しての遠隔データ消去機能を実行した際は、「消去確認証明書」を発行するのも企業の管理責任にとって重要な点だ。


Windows AzureやServer 2008 R2に対応
管理サーバー設置なくても運用可能に

 新バージョンでは、プラットフォームにWindows Azure、Windows Server 2008に対応したのが特徴だ。TRUST DELETEはサーバー・クライアント型アプリケーションなので、別途サーバーを設ける必要があるが、Windows Azureに対応したことで顧客は社内などに専用サーバーを立てることなく導入でき、サーバーがクラウド化したことにより将来のユーザー数の増加にも容易に対応できる点が大きい。

TRUST DELETE 対応サーバー
TRUST DELETEは「遠隔からのデータ消去」(盗難・紛失PCがネットに繋がっている場合)、およびネットに一定期間(最短6時間)繋いでいない状態での「起動時の自動データ消去」。さらに、ネットに繋いでサーバー側から認証されていない場合の「データ隠匿機能」などが用意されている対応サーバーにMicrosoft Windows Azure、Windows Server 2008/2008 R2が追加され、導入時に管理サーバーの導入が必要なくなったのが大きい

 また、従来はデータ消去をフォルダー単位で指定していたが、新たにWindows Desktopと連携してファイル名や拡張子、日付で検索して消去することが可能となる。さらにはWindows Vista/7のHDD暗号化機能「BitLocker」に対応し、起動時にBitLocker暗号化キーをだけを消去して、OSを起動不可にしつつHDDのデータ自体は復活可能にもできる。

加藤 貴社長 消去実行画面
新機能を説明する加藤 貴社長。画面は管理システム側(サーバー側)で、新たに装備した「インテリジェント消去」は、特定の単語を含む名前のフォルダーのみ消去することが可能になった管理システム側での消去実行画面。盗難・紛失PCがネットに接続していることが分かれば消去キューを送り、クライアント側がキューを受け次第、指定データが消去される

 TRUST DELETEは従来のパッケージ販売に加えて、新たにクラウドサービスでのライセンス提供が開始される。クラウドライセンス版は初期費用が21万円、サーバー使用料は1万500円から、クライアント使用料は1クライアントは21円から。SaaS版は1000ライセンスまで初期費用52万5000円、月額費用52万5000円。

前へ 1 2 次へ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ