このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新作は映像もすごい! 「A列車で行こう9」発表会が開催!

2009年12月11日 22時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プレイヤーは鉄道会社を経営して街を発展させるという街づくりをリアルに体験できる鉄道会社経営シミュレーションの人気シリーズ最新作「A列車で行こう9」(以下:A9)の発表会が、日本最大級のスクリーンを持つユナイテッドシネマ豊洲にて開催された。

上映されている映像は、開発中の「A9」で再生されているものだ

オープニング映像の上映中に、客席から「おーっ」「ほぉぉぉ」といった歓声とも取れる声が上がっていた

映像の上映が終わると「A列車で行こう9」のメニュー画面が表示された

 この日行なわれた発表会には、発売元のサイバーフロント代表取締役社長藤原三二氏と、開発のアートディンク代表取締役社長永浜達郎氏の2人が登壇。巨大なスクリーンに実際にPC上で動いている開発版の映像を投影しながら「A9」の魅力やゲーム性などについて説明を行なった。

販売元のサイバーフロント代表取締役社長藤原三二氏

開発元のアートディンク代表取締役社長永浜達郎氏

 まず藤原氏が発売に向けての挨拶を行ない、続いて永浜氏が「現行のゲーム機は、最新のパソコンと比べてメモリのアクセススピードやCPUの演算能力、映像の描写力などで100倍以上の差があることなどを挙げて、「コンシューマー用ではなくPC用として発売を決定した」と語った。また、永浜氏は「以前はPCでゲームをするものでしたが、最近はPCゲームに元気がない」と昨今のPCゲーム市場の様子に触れた。

 続いて、実際に開発中のゲームを使って基本となる線路を引く作業や建物の建設する様子、登場する鉄道の種類、新要素などといったデモンストレーションが披露された。
 現段階で予定されている必要スペックは、CPUがCore 2 Duo、メモリはWindowsXPの場合1GB以上、Vistaと7は2GB以上。HDDの容量は1.2GB以上あればOK。そして、必要なグラフィックボードは、GeForce6シリーズ以降かRadeonX1000シリーズ以降とロープライスなVGAでも遊べるようになっている。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ