このページの本文へ

SilverStone「STRIDER PLUS」

1000Wで奥行き160mmの80PLUS SILVER認証電源が明日発売

2009年12月09日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SilverStoneから80PLUS SILVER認証電源ユニット3モデル「SST-ST1000-P」(1000W)、「SST-ST85F-P」(850W)、「SST-ST75F-P」(750W)が登場。明日から発売となる。

「SST-ST1000-P」
SilverStoneから80PLUS SILVER認証電源ユニット「SST-ST1000-P」(1000W)が登場。ほかに「SST-ST85F-P」(850W)、「SST-ST75F-P」(750W)もラインナップされる

 高変換効率モデルに与えられる80PLUS SILVER認証を取得した同モデルは、いずれもATX12Vケーブルを含め全て着脱可能なフルモジュラーケーブル仕様。750W/850W/1000Wと高出力クラスの電源ユニットでありながら、サイズは150(W)×160(D)×86(H)mmに収められ、クラス最大口径となる135mmのボールベアリングファンを搭載。電源負荷に応じて19~36dBAで動作し、静音から高冷却まで常に安定した稼働を可能としている。

フルモジュラーケーブル仕様
ATX12Vケーブルを含め全て着脱可能なフルモジュラーケーブル仕様。電源出力はSilverStoneで多く採用されている+12Vラインシングルレールで、1000Wで80A(ピーク85A)、850Wで67A(同72A)、750Wで60A(同66A)の高出力を実現する

 電源出力はSilverStoneで多く採用されている+12Vラインシングルレールで、1000Wで80A(ピーク85A)、850Wで67A(同72A)、750Wで60A(同66A)の高出力を実現。サーバー用途やワークステーション、マルチグラフィックス構築時でも安定した供給を可能とした。もちろん当然の事ながら、グラフィック用電源コネクタは豊富に用意され、NVIDIA SLIおよびATI CrossFireXに対応する。
 なお、ケース内エアフローをより良好にするため、小型筐体等に搭載する場合には、オプションでショートタイプ電源ケーブル(SST-PP05)を選択する事も可能だ。明日から販売予定のT-ZONE.PC DIY SHOPでは、「SST-ST1000-P」が2万7900円、「SST-ST85F-P」が2万2900円、「SST-ST75F-P」が1万8900円。またオプションで用意されるショートタイプ電源ケーブル(SST-PP05)が1890円となっている。

SST-PP05
小型筐体等に搭載する場合やケース内エアフローをより良好にする、オプションのショートタイプ電源ケーブル(SST-PP05)

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中