このページの本文へ

Google、「カフェイン」データセンターが稼動開始

2009年12月04日 17時06分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米GoogleのMatt Cutts氏は、今年8月に発表した次世代のGoogle検索システム(Caffeine(カフェイン))が稼動を開始したことを明らかにした。

同氏のコメントはSearch Engine Roundtableに掲載されている。これによると、現時点でIPアドレス 209.85.225.103 で稼動するデータセンターは、50%の確率で新しい検索インフラ・カフェインに接続され、検索結果を返すという。2010年1月までは1つのデータセンターのみでロールアウトするとのことだ。ちなみに、筆者が会社で使用しているPCでは、google.co.jp にアクセスしてもCaffeineと同じ検索結果が表示されている(2009年12月4日13時時点)。

最後に、米国では検索順位の大幅変動が報告されているとの指摘に対して、Matt Cutts氏は先に挙げた209.85.225.103の検索結果でなければ、カフェインによるものではなく、別の要因によるものだとコメントしている。


cf.
米Google、次世代検索アーキテクチャ「Caffeine update」プレビュー公開 :: SEM R

Google、次世代検索技術「Caffeine」プレビューを終了 :: SEM R

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く