このページの本文へ

「週アスLIVE!」イベント

女エロ詩吟も飛び出した「週アスLIVE!スペシャル」が開催!

2009年12月07日 21時00分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベスト・オブ・ベストバイ大賞 トーク

週アス編集部 伊藤有

週アス編集部 桑野朋子

ライター 多和田新也氏

ライター 折原一也氏

 ベスト・オブ・ベストバイ大賞 トークでは週刊アス編集部とライター陣が2009年を振り返りベストだと思われるベストバイ大賞の製品と最終選考に残った製品の解説などを行なった。
 なお、受賞製品と選考の様子は週刊アス(2009年12月15日号)にて掲載されているのぜひチェックしてほしい。

読者が選ぶ「私のベストバイ2009」

読者が選ぶ「私のベストバイ2009」では“パソコン”、“デジカメ/ビデオカメラ”、“携帯電話/スマートフォン”、“テレビ/レコーダー”、“周辺機器”の5つのジャンルから今年最も“買い”だと思われた製品を決定

 読者が選ぶ「私のベストバイ2009」では“パソコン”、“デジカメ/ビデオカメラ”、“携帯電話/スマートフォン”、“テレビ/レコーダー”、“周辺機器”の5つのジャンルから今年最も“買い”だと思われた製品を選び、投票するというもの。週刊アス編集部とライター陣がチョイスした製品とはまた異なる製品が上位に入るなど週アス読者のリアルな反応が反映されたものとなったと言えるだろう。
 ちなみにパソコン部門では「VAIO Xシリーズ(極薄軽量な11.1ワイドモバイルノート)」、デジカメ/ビデオカメラ部門「OLYMPUS PEN E-P1(小型マイクロフォーサーズ機)」、携帯電話/スマートフォン部門「iPhone 3GS(アップル)(パフォーマンスが高速化)」、テレビ/レコーダー部門「CELLレグザ(CELL搭載の超高性能液晶テレビ)」、周辺機器部門「LCD-AD221FB-T(Windows7対応の21.5インチタッチパネル液晶)」となった。
 なお、「読者が選ぶ2009年ベストバイ」にエントリーされた各製品はこちらで確認できるので気になる人はぜひチェックしてほしい。

NVIDIAの立体視システム「3D Vision」のデモ

ヨドバシAkiba第二エントランス前広場のキヤノン「PIXUS」ブース

訪れた人の誰もが週アスの表紙を飾れるという特製顔出しパネル

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中