このページの本文へ

ZOTAC「ZT-20404-20L」「ZT-20405-10L」

ZOTAC、「GeForce GT 240」初のファンレスモデル

2009年12月05日 21時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAのミドルレンジ向けモデルとして多数の製品が発売されている「GeForce GT 240」搭載ビデオカードだが、初のファンレス仕様となる「GeForce GT 240 1GB ZONE Edition」(型番:ZT-20404-20L)がZOTACから発売となった。

2モデル

「GeForce GT 240」搭載ビデオカード初のファンレス仕様となる「GeForce GT 240 1GB ZONE Edition」(写真右)とOCモデルの「GeForce GT 240 512MB AMP! Edition」(左)

 同製品は隣接スロット占有タイプ、いわゆる2スロット仕様となる大型のファンレスクーラーを採用したのが特徴の「GeForce GT 240」搭載ビデオカード。従来のファン搭載モデルも大概は小型クーラーとなるが、同GPU採用のファンレスモデルは今回の製品が初めてだ。
 主なスペックはコア/メモリクロックが550MHz/790MHzで、ブラケット部の構成はVGA/DVI/HDMI、搭載メモリDDR3 1GB。2スロ仕様となるために安易に小型PC向けとオススメはできないが、静音化を図るユーザーにとっては注目かもしれない。価格はアークで1万480円となっている。
 なお、同時にオーバークロックモデルとなる「GeForce GT 240 512MB AMP! Edition」(型番:ZT-20405-10L)も登場。メモリにGDDR5 512MBを搭載する製品で、コア/メモリクロックは600MHz/1000MHz。ブラケット部の構成はVGA/DVI/HDMIで、HDMI→DVI変換ケーブルが付属する。こちらはアークで1万1980円だ。

「GeForce GT 240 1GB ZONE Edition」

隣接スロット占有タイプ、いわゆる2スロット仕様となる大型のファンレスクーラーを採用したのが特徴の「GeForce GT 240 1GB ZONE Edition」

「GeForce GT 240 512MB AMP! Edition」

オーバークロックモデルとなる「GeForce GT 240 512MB AMP! Edition」。GDDR5 512MBを搭載する製品で、コア/メモリクロックは600MHz/1000MHz

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中