このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

エコポイントがある今こそ! 2009年冬 大画面テレビの買い方 第3回

大画面テレビの中心、液晶テレビを支える技術を解説する

2009年11月27日 16時00分更新

文● 坪山博貴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
VIERA

元々テレビ用ではなかった液晶ディスプレイ
今でも高画質化のための技術進化が続く

 今や大画面テレビでも「液晶テレビ」が中心的な存在となった。液晶自体の技術はすでに長い歴史を持つが、元々液晶パネルは動画の表示デバイスとして最適とは言えない特性を持つ。このため液晶テレビとして完全に普及期に入った現在でも着々と改良を進めており、新技術投入による画質面への影響もいまだ大きい。一方で、もちろん液晶に対するプラズマテレビの利点も完全に失われたわけではない。

 実際の製品を見ているだけではなかなかわかりにくい、大画面テレビのいくつかの技術について解説していこう。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画