このページの本文へ

プリンストン「PPR-QT1 トイジェクター」

忘年会にぴったり!? キューブデザインのお手頃トイプロジェクター

2009年11月26日 22時15分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プリンストンから、キューブデザインのコンパクトなプロジェクター「PPR-QT1 トイジェクター」が登場した。

キューブデザインのコンパクトなプリンストン製プロジェクター「PPR-QT1 トイジェクター」

 本製品はデジタルカメラやビデオカメラで撮影した写真やムービーを手軽に投影して大画面で楽しめるミニプロジェクター。デジタルカメラやビデオカメラ、DVDプレーヤー、iPodなどの機器と接続して、最大50インチまでの画面サイズで再生が可能だ。また、上向きにも設置できる三脚を付属しており、天井に向けて投影することもできる。
 主な仕様は本体サイズが50(W)×50(D)×50(H)mm、重量は約120g、投影方式がFLCoS、色再現性は1677万色、投写レンズがF=1.6/f=8mm、フォーカスはマニュアル、解像度がQVGA相当(300×224ドット)、輝度は5ルーメン、コントラスト比が100対1。
 アスペクト比は4:3、画面サイズが約12~50インチ、投影距離は0.5m~2.0m(暗所時)、ランプ種類がRGB LED、ランプ寿命は10,000時間、入力端子が3.5mmミニピンジャック(付属専用AVケーブルでRCAメスに変換)、スピーカーは1W×1、電源が専用ACアダプタ(DC5V 2A)、三脚穴は直径4mm×1。
 付属品として専用AVケーブル×1、ACアダプタ×1、三脚×1などを同梱する。ラインナップはホワイトの(型番:PPR-QT1WH)とレッドの(型番:PPR-QT1RD)の2種類。価格はクレバリーインターネット館で1万2475円とっなている。

主な仕様は本体サイズが50(W)×50(D)×50(H)mm、重量は約120g、投影方式がFLCoS、色再現性は1677万色、解像度がQVGA相当(300×224ドット)、輝度は5ルーメン、画面サイズが約12~50インチ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中