このページの本文へ

2009冬 プリンター「買い替え」のツボ 第5回

目詰まり防止や廃棄方法がわかる!! プリンターまめ知識・8選

2009年11月24日 06時00分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Q プリンターの耐用年数は何年くらい?

A 一概に言えない


 プリンターは家電と一緒で、「壊れたから新しいのを買うか」という感覚の人が多いはず。それではメーカーとしては、だいたい何年くらいで壊れるものと見ているのだろう。年数ではいえなくとも、一眼レフカメラにおけるシャッター耐久枚数のような、プリント耐久枚数のようなものはあるのだろうか? 

 これについては、両メーカーとも「ユーザーによっていろいろなシチュエーションが考えられるので、一概に何年とは言えない」と回答してくれた。

 ただ、買い替えサイクルという観点からは5年という数字がキーワードになりそうだ。エプソンによれば、「平均すると4、5年に1回くらい買い替えサイクルが回っていると見ています。なので、最低でも5年前の機種を使っている方が気持ちよく使ってもらえるようにサポート体勢を整えています」とのこと。

 もちろんプリンター自体がきちんと動く限りは、特に買い替える必要がないだろうが、5年も時が経てば性能にも大きな差が付いている。2004年あたりでプリンターを買った人は、本特集で最新機種をチェックしてみてはいかが!?

2004年末に発売されたA4対応インクジェットプリンター

メーカー 種類 機種名
キヤノン 単体機 iP8600、iP8100、iP7100、iP6100D、iP4100、iP4100R、iP3100、iP2000、iP1500
複合機 MP900、MP790、MP770
エプソン 単体機 PX-G920、PM-G820、PM-G720、PM-D770
複合機 PM-A900、PM-A870、PM-A700、PX-A550
iP8600

キヤノンのiP8600

PX-G920

エプソンのPX-G920



Q Windows 7とSnow Leopard、どれくらい前のモデルまで使える?

A だいたい5、6年前のモデルまでは対応している


Windows 7

Windows 7(画像はUltimate)

Mac OS X 10.6

Mac OS X 10.6「Snow Leopard」

 OSをメジャーバージョンアップすると、プリンタードライバーの更新も必要だ。上の話に関連して、Windows 7/Mac OS X 10.6(Snow Leopard)という最新OSへの対応状況も聞いてみた。

 キヤノンは「市場を見て、実際に稼働しているプリンター台数などを考えてみた結果、おおよそ2003年の頃のモデルから対応している」とのこと。

 一方のエプソンは、「Windows 7に関しては、5年前くらいのモデルから対応している。Snow Leopardは、基本的にはIntel Mac以降に登場したものはすべて対応していて、ドライバーがOSのインストールディスクに含まれている」と回答してくれた。

 キヤノン、エプソンともに、下記リンクのサポートページにて詳細な対応表を公開している。パソコンを最新モデルに買い替える際、古いプリンターが使えなくなる可能性もあるということを覚えておこう。


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン