このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

痛車でラリー! メロンブックスランサーの挑戦! 第11回

最終戦の1週間前に優勝していたメロン号!【動画あり】

2009年11月26日 19時00分更新

文● 河村椎祐

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

緊急参戦することになった
オールジャパンダートラ

 今年は全日本ラリー選手権に3戦、全日本ダートトライアル選手権に2戦の、計5戦への参戦を予定していたメロンブックス・ラリーチャレンジ。すでにラリーでは北海道と新城の2戦、ダートラでは大牟田と広島の2戦を消化しており、あとは今年度最終戦となる全日本ラリー選手権第9戦「FMSC吉野ヶ里マウンテンラリー」への参戦を残すのみ。

 ところが10月下旬、チームの公式ブログを通じて衝撃的なニュースが飛び込んできた。それは11月8日、広島県のテクニックステージタカタで開催される「JAFカップオールジャパンダートトライアル」へ緊急参戦するとのこと! 今回は、ファンにとってはまさにボーナスステージとなったJAFカップ参戦の模様についてお届けしよう。

 「JAFカップオールジャパンダートトライアル」とは、毎年ダートトライアルのシーズン終了後に開催される一大イベント。出場権が得られるのは、全日本選手権でシリーズ10位以内の選手か、もしくは国内各地で開催されている地区選手権のシリーズ6位以内の選手のみ。まさに日本全国から腕自慢が一堂に会する、ダートラ界の最速王決定戦ともいえるイベントなのだ。

 ちなみにメロンブックス・ランサー(以下、メロンランサー)のドライバーである浜 孝佳選手の場合、全日本ではシリーズ11位、中国地区選手権ではシリーズ15位となっており、本来ならこのイベントへの出場権はない。しかし、このイベントには各地区の対抗戦という側面もあり、浜選手は中国地区の代表選手の1人として、特別推薦枠で参戦することが決定したのである。

テクニックステージタカタは、山の斜面に沿って造られた起伏のあるコースが特徴。場内には浮島のように林が点在していて、それがドライバーの視界を妨げる難コースだ

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ