このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「次世代コンピューティングにおける開発環境」登場

仮想環境でのテストにも対応!Visual Studio 2010

2009年11月16日 09時30分更新

文● 吉川大郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シンプルになったラインナップ構成

 Microsoft Visual Studio 2010では、ラインナップもシンプルな構成が心がけられた。なお、価格は未定。製品版の提供は、2010年上半期が予定されている。



Microsoft Visual Studio 2010 Professional
基本機能を提供する製品。上位製品との違いは、主にチーム作業用の機能とエンタープライズ向けの機能が少ない点。
Microsoft Visual Studio 2010 Premium
Professionalと比較すると、データベース スキーマの開発やテストデータの生成、UIテストの自動化、コード分析機能などが付加されている。UMLは、参照できるが編集は不可。
Microsoft Visual Studio 2010 Ultmate
Microsoft Visual Studio 2010の最上位製品。いわゆる“全部入り”。UML編集やInteliTraceはこの製品のみ。
Microsoft Visual Studio Test Elements 2010
テストツール
Microsoft Visual Studio Team Lab Management 2010
テスト環境をHyper-Vによって仮想環境上に構築して管理するサーバー。
Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2010
チーム開発を行なうためのサーバー製品。2010からは、ソースコード管理やバグ管理が利用できる(プロジェクトマネージメント機能はない)基本構成のみ、クライアントOSへのインストールが可能となった。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ