このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

買うならどれだ!? Windows 7最新パソコン特集第3回

Windows 7で地デジを堪能したい! 地デジノート対決

2009年11月14日 13時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アナログ放送の完全終了予定まで2年を切り、地上デジタル放送対応機器の普及は加速している。パソコンでもそれは同じで、どのメーカーもデスクトップ、ノートに関わらず、ラインナップの一角に地デジ対応パソコンを用意している。

 パソコンで地デジを見るだけなら、各社ともそれほど大きな差異はないのが実情だろう。しかし各メーカーとも、地デジを見るだけではなく、それになんらかの付加機能を搭載することで差別化を図ろうとしている。

 特集3回目では、記録型BDドライブを内蔵したWindows 7搭載地デジノート3機種を取り上げ、各製品でどのような違いがあるのか比較していく。取り上げるのはNEC「LaVie L LL770/VG」、ソニー「VAIO F VGN-FW74FB」、東芝「Qosmio G60」である。


LaVie L LL770/VG

LaVie L LL770/VG

NEC(製品情報
ディスプレー:16型ワイド 1920×1080ドット
実売価格:21万5000円前後

 ワイヤレス接続の地デジチューナーユニットを同梱した異色のテレパソノート。16型ワイドながら、フルHD解像度のディスプレーを備える。


VAIO F VGN-FW74FB

VAIO F VGN-FW74FB

ソニー(製品情報
ディスプレー:16.4型ワイド 1600×900ドット
実売価格:19万円前後

 ダブル地デジチューナーを内蔵するスタイリッシュなテレパソノート。テレビソフト「Giga Pocket Digital」は機能が豊富。


Qosmio G60 G60/97K

Qosmio G60 G60/97K

東芝(製品情報
ディスプレー:18.4型ワイド 1920×1080ドット
実売価格:29万円前後

 映像処理プロセッサー「SpursEngine」を搭載するダブル地デジノート。18.4型フルHDの大画面も魅力。32bit OSと64bit OSを選べるセレクタブル方式。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン